2017年01月21日

沈黙−サイレンス−5

silence公式サイト。遠藤周作原作、原題:Silence。マーティン・スコセッシ監督。アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ。神は沈黙し、聞こえるのは虫のすだきのみ。
江戸幕府が成立した17世紀、日本で消息を絶ったカトリック神父フェレイラ(リーアム・ニーソン)を追って辿り着いた弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)はマカオから長崎の隠れキリシタンの住む海の村に辿り着く。
オープニングは虫のすだく音、クロージングも虫のすだきと潮騒のみ。後で邂逅するフェレイラは「ここでは唯一神は大日(だいにち)、太陽だ」と自然崇拝を暗示していたように、虫の声や海の声が神の声なのだ。彼らの神は「沈黙」している。もっとも、「大日」は太陽と言うより宇宙にあまねく真理のような概念。汎神論的で虫にも波にも神が宿るという解釈か。
ここで思い出したのは、虫の音は日本人には心地よく聞こえるが、ほとんどの外国人にはただの雑音にしか聞こえないという都市伝説なのか何なのかよくわからない説。スコセッシ監督はそんなことまで意識して日本人の感覚の違いを演出したのかどうか。
彼らも日本人キリシタンの信仰心は自分たちの信仰心とはちょっと違うと感づいていた。日本人キリシタンはほとんど貧しい農民で、むしろ貧困を何とかしてほしいという現世的ご利益を願っている風。キチジロー(窪塚洋介)の行動がそのことをよく現わしている。ここでは神は「沈黙」してしまうのだ。
思えば、キリシタンへの拷問も雲仙地獄での熱湯責め、海岸沖での波地獄と自然エネルギー(笑)を使っている。雲仙地獄殉教地の碑には今は十字架が建立されている。五島列島の隠れキリシタン部落の住民が一掃され、家屋が猫だらけになっているのも自然崇拝的な色を感じさせる。対照的に隠れキリシタンたちが森の中に隠れてうごめいているシーンも俯瞰される。攻守逆転の趣き。
けれど、藩の武士たちはいくら表向き「転ぶ」(転向)を強要して棄教させても心の中まで改心させられないことを知っている風。特に井上筑後守(イッセー尾形)や通訳(浅野忠信)はよく心得ている風で、踏み絵も当初は緊張感があったが、「形だけでもいい」と足がキリスト像にほんのかすっただけでもOKになってしまう。何かしらお役所仕事のメ○ラ判みたくなってくるのがおかしい。実際、フェレイラもロドリゴも死ぬまで改心してなかった。
そもそも藩としては宣教師が今で言う工作員であることを知っていて、あまりキリスト教がはびこるとその背後にいる植民地化を企むヨーロッパ列強に付け入られることをよく知っていたのだ。キリスト教そのものには関心なかったと思われる。
そのため、フェレイラにもロドリゴにも日本名を与えて日本に住まわせている。ロドリゴに至っては江戸に住まわせた。多分、ここにも政治的配慮があり、西洋の知識を吸収して情勢を探る目的もあったのか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:45│Comments(0)TrackBack(19)clip!洋画タ-ツ | ★5

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50854832
この記事へのトラックバック
【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ、塚本晋也、イッセー尾形、小松菜奈、加瀬亮、リーアム・ニーソン なぜ弱きわ...
沈黙 -サイレンス-【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2017年01月21日 23:32
重厚な内容だった。
沈黙 −サイレンス−【だらだら無気力ブログ!】at 2017年01月22日 00:41
『沈黙‐サイレンス‐』Silence 原作 : 遠藤周作監督 : マーティン・スコセッシ出演 : リーアム・ニーソンアンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライヴァー窪塚洋介、浅野忠信イッセー尾形塚本晋
タイトルデザイン_47 BIG FILM DESIGN『沈黙‐サイレンス‐(Silence)』マーティン・スコセッシ監督、リーアム・ニーソン、アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、他【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2017年01月22日 02:41
☆・・・観て来ました。  「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;  宣教師によるキリスト教布教に伴う、江戸時代の日本での悲劇の物語。  感動する良作でしょうが、...
[映画『沈黙-サイレンス-』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2017年01月22日 08:10
沈黙 サイレンスSilence/監督:マーティン・スコセッシ/2016年/アメリカ 何故、言葉をかけてくださらないのか TOHOシネマズ新宿 スクリーン4 K-11で鑑賞。原作は未読です。スコセッシだから見ました。 あらすじ:キリシタンだったので迫害されました。 キャス
沈黙 サイレンス/神よ、貴方は、何故【映画感想 * FRAGILE】at 2017年01月22日 13:47
救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で、2時間42分もあっという間の圧巻の映画だった。 時に碧く静かで美しく心を癒してくれるか
「沈黙」☆そこに真理あり【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2017年01月22日 16:50
遠藤周作著『沈黙』をマーティン・スコセッシ監督が映画化した人間ドラマです。 原作は未読ですけど、予告編を観て大変な映画だなあと思っていました。 当時をリアルに伝えてくる映像と、自分の立場に悩む主人公たちの姿に様々なことを感じるような作品でした。
沈黙 −サイレンス−【とりあえず、コメントです】at 2017年01月22日 20:20
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 159分にも及ぶ長い作品ですが見せます。流石にスコセッシですねぇ。それともちろん、遠藤周作の作品も良いのでしょう。時間の長さを感じさせません。加えて、キリシタン弾圧と言う非常に重...
沈黙 サイレンス / Silence【勝手に映画評】at 2017年01月22日 21:29
17世紀(江戸時代初期)。 長年、日本で布教活動していたポルトガル人宣教師フェレイラは、幕府の激しいキリシタン弾圧に耐えられず棄教したと噂されていた。 師の安否と真実を確かめるため、弟子の司祭ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと
沈黙 サイレンス【象のロケット】at 2017年01月23日 08:40
沈思黙考を促される映画。
沈黙 -サイレンス-【Akira's VOICE】at 2017年01月23日 18:39
「沈黙-サイレンス-」を鑑賞してきました遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・...
劇場鑑賞「沈黙-サイレンス-」【日々“是”精進!】at 2017年01月24日 16:11
映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は未読。 ざっくりストーリー 17世紀江戸初期、長崎で厳しいキリ
映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし【ディレクターの目線blog@FC2】at 2017年01月26日 21:09
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:00の回を鑑賞。 2D:字幕版。
『沈黙 -サイレンス-』('17初鑑賞06・劇場)【みはいる・BのB】at 2017年01月26日 21:22
映画「沈黙 −サイレンス−」を鑑賞しました。
映画「沈黙 −サイレンス−」【FREE TIME】at 2017年01月29日 10:21
 『沈黙−サイレンス−』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その後タイトルが流れて、熱湯が地下から湧き出ているところ(雲仙地獄)のそばで、キリシタン...
沈黙【映画的・絵画的・音楽的】at 2017年01月31日 21:16
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  アダム・ドライバー  リーアム・ニーソン  浅野 忠信  窪塚 洋介 【ストーリー】 江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラが捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリ...
沈黙−サイレンス−  監督/マーティン・スコセッシ【西京極 紫の館】at 2017年02月01日 21:19
Silence(viewing film) 切支丹時代の歴史を読んでいると、今の
『沈黙-サイレンス』 外からの視線【Days of Books, Films】at 2017年02月03日 13:22
映画『沈黙 −サイレンス−』は、マーティン・スコセッシ74歳の渾身の企画。原作と
「沈黙 −サイレンス−」:イッセー、世界へ羽ばたくか?【大江戸時夫の東京温度】at 2017年02月06日 23:28
23日のことですが、映画「沈黙‐サイレンス‐」を鑑賞しました。 17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため 宣教師のロドリゴとガルペは日本へ 2人はマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役にし長崎へとたどり着き、彼らは隠..
スコセッシの執念と信仰【笑う社会人の生活】at 2017年06月23日 01:53