2017年02月25日

素晴らしきかな、人生~キリスト教的会社観3

image公式サイト。原題:Collateral Beauty。デヴィッド・フランケル監督。ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン、マイケル・ペーニャ、ナオミ・ハリス、アン・ダウド。ニューヨークの広告会社の株式60%を持つカリスマ的パートナーのハワード(ウィル・スミス)が6歳の愛娘を事故で亡くして心神喪失状態になって会社が回らなくなり、さあ大変。
ハワードの哲学は、人生は愛と時間と死のコネクションだというものだったが、愛娘の死でこの三つの要素が一気に破壊されたらしい。変な哲学持つと却って脆い。本作のことを「ご都合主義」という声もあるが、ハワードの人生哲学自体がご都合主義的で、会社自体がカリスマ経営依存らしく、他の役員らはハワードを如何にしてまともにさせるかしか方便がないようなのだ。取引先もハワードのコネなのだから。
ハワードは愛と時間と死という抽象的概念に恨みの手紙を書くに及んでついに非常手段に。ハワードの思考のレベルに合わせて役者を雇い、それぞれ愛と時間と死を擬人化して演じてもらい、ハワードを説得しようというのだ。この時点で会社内問題と言うより新興宗教教団内問題な感じもしなくもない。教祖様御乱心だ。
そもそも幼児を亡くした親が集う会のリーダー(ナオミ・ハリス)の正体が割れた時、どう反応していいものやら。しかも、演劇集団のリーダーのブリジット(ヘレン・ミレン)と繋がっていたとは。まさかハワードの言うコネクションがこんなところで具現化するのは反則に近いかもしれない。
結局、ブリジットらは幽霊のようで幽霊でない、守護天使のような存在でかなりキリスト教的。ハワードの哲学、愛と時間と死も三位一体を連想させる。そのココロはアインシュタインが時間は幻想と言ったように幻想の具現化集団。ここまで来るとキリスト教の素養がないと付いて行けないのかもしれない。
この集団も実はハワードのコネクションのようで、すぐに気付いていた風だ。そもそも残りの株式40%を持つホイット(エドワード・ノートン)も知った仲ではあるまいか。彼が段取りしている気配が常にある。つまりはこの会社そのものが家族的経営で教祖様と言うより父親=神父様の病気を治そうという極めて家族愛的な物語ということになる。サイモン(マイケル・ペーニャ)が余命幾許もないこともハワードは知っていて「家族の面倒は見る」と言っていた。
目立たないが最高の狂言回し役はサリー(アン・ダウド)だろう。もうおばさんなのにフットワークが凄いと言うか、手回しが早いと言うか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:26│Comments(0)TrackBack(9)clip!洋画ス | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50856476
この記事へのトラックバック
 「報知映画賞 特選試写会」。客席は満席。
「素晴らしきかな、人生」@よみうりホール【新・辛口映画館】at 2017年02月25日 22:12
ニューヨークの広告代理店で成功を収めていた男ハワード。  しかし彼は最愛の娘を亡くした喪失感から、何をする気力もない状態だった。 同僚たちはそんなハワードと、会社の将来を心配していた。 ある日、ハワードの前に3人の奇妙な男女が現れる。 年代も性別も異なる彼
素晴らしきかな、人生【象のロケット】at 2017年02月26日 14:17
「素晴らしきかな、人生」を鑑賞してきましたウィル・スミスが最愛の娘を失い絶望の淵に立たされた男を演じる異色のヒューマン・ドラマ。深い喪失感からすべてを投げ出してしまった...
劇場鑑賞「素晴らしきかな、人生」【日々“是”精進!】at 2017年02月28日 15:32
評価:★☆【1.5点】(10) 最愛の一人娘を亡くした絶望感で会社をつぶす気?
素晴らしきかな、人生【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2017年02月28日 23:12
映画『素晴らしきかな、人生』は、フランク・キャプラの名作『素晴らしき哉、人生!』
「素晴らしきかな、人生」:ナマクラでご都合主義【大江戸時夫の東京温度】at 2017年03月07日 23:03
順風満帆だった人生から、娘の死を切っ掛けに一気に人生のどん底に落ち込んでしまった企業経営者の男性が、自分の人生を取り戻すまでの話。 錯誤によって取締役会を主導するのは、法的に許されることなんですかね?だって、取締役会で流されたビデオは、ねつ造だよね?「...
素晴らしきかな、人生 / Collateral Beauty【勝手に映画評】at 2017年03月12日 17:30
仕事もプライベートも絶好調! だったはずの主人公。 ところが一気に地獄落ち… まだ小さかった大切な娘が亡くなってしまったのだ! 何もやる気がしないまま、半年以上が経過。 立ち上げた会社が危機に陥り、困って周りが考えた「復帰作戦」とは?! 出演陣
映画:素晴らしきかな、人生 Collateral Beauty 「愛」「時間」「死」という哲学的なテーマに命を吹き込もうとするのだが...【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2017年04月25日 02:28
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 6月15日 パルシネマしんこうえん(名画座)にて 13:00の回を鑑賞。字幕版。
『素晴らしきかな、人生』('17初鑑賞64・劇場)【みはいる・BのB】at 2017年06月16日 13:32
20日のことですが、試写会「素晴らしきかな、人生」を鑑賞しました。 よみうりホールにて 広告代理店の代表として成功してきたハワードだったが、娘を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう やがて会社の業績も悪化し、社員たちも気が気ではない。そん...
人生を再び 素晴らしくするために・・・【笑う社会人の生活】at 2017年07月22日 21:56