2017年05月06日

追憶(2017)〜予め外されていた梯子1

tuioku公式サイト。降旗康男監督。木村大作撮影。岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、矢島健一、北見敏之、安田顕、三浦貴大、高橋努、渋川清彦、西田尚美、りりィ。例によって主演の岡田准一は諸般の事情で画像公開されず。今度こそりりィさんの本当の本当の遺作になるのか。原作の舞台は北海道だそうだが、降旗監督の前作「あなたへ」からのつなぎなのか富山県になっている。
「あなたへ」では海で散骨するシーンに夕陽が映えていたが、本作でもラストは夕陽。絵に描いたような薄幸というか、不幸を一身に背負わされたような女性、仁科涼子(安藤サクラ)は交通事故(!)で脳を損傷し、まともにしゃべれなくなってかすれ声で何事か呟く。傍にいる四方篤刑事(岡田准一)ではなく、夕陽を見て「今日もありがとうございました」とほとんど反射的に感謝の言葉を発しているだけなのだが。
実は本作の底流にあるのはコミュニケーション障害なのではと思えてしまう。夕陽に感謝の言葉って、人間相手にはうまくしゃべれないの裏返しのような。そもそも寡黙な刑務官高倉健を引き継いだような刑事岡田准一ら不幸な幼少期を送った3人は25年前の経緯がずっと尾を引いているのか寡黙。四方は妻(長澤まさみ)とコミュ障らしいし、3人はその後お互いに会っておらず、コミュニケーションは途絶えている。
25年後に再会って、「25年」で時効を迎える映画が公開を控えており、何かややこしい。ちなみに殺人の時効25年というのはもう7年前に無効となり、遡及して公訴可能になったのでそもそも意味がなくなっていると思うのだが。
それに3人が容疑者、被害者、刑事って、判で押したような三つ巴関係。第一、田所啓太(小栗旬)を容疑者扱いするって強引過ぎだろう。被害者川端悟(柄本佑)が殺される直前に会っていたというだけで容疑者扱いとは。いくら追及されても知らんものは知らんし。400万円貸したと言ってあらぬ疑いかけられたらたまらんだろう。そもそも金を借りる貸す関係だと普通は借りた側が断られて殺すというのが通常のパターンだと思うのだけれど。田所が加害者になる前にまず借金の無心を断るだろうに。
真犯人が分かると、文字通り梯子外されてどう回収すればいいのやら。そりゃ元々田所が犯人と想定できないから別の誰かになる筈なのだが、まさか刑事の四方が殺すいわれもないし。その意味で最初から梯子は外されていたのかもしれない。大体、25年前のエピソード、今現在の事件と何のつながりもありませんでした、って。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:16│Comments(0)TrackBack(14)clip!邦画ツ、テ | ★1

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50859329
この記事へのトラックバック
1992年、能登半島。 親に捨てられた13歳の四方篤、田所哲太、川端悟は、仁科涼子が営む軽食喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せ、常連客の山形光男と共に、家族のような毎日を送っていた。 しかしある事件をきっかけに、少年たちは離れ離れになってしまう。 …25年後、富山県
追憶【象のロケット】at 2017年05月07日 07:44
 日本  ドラマ&ミステリー  監督:降旗康男  出演:岡田准一      小栗旬      柄本佑      長澤まさみ 【物語】     (シネマトゥデイ)  富山県警捜査一 ...
追憶【風情☭の不安多事な冒険 Part.5】at 2017年05月07日 20:24
2017/05/06公開 日本 99分監督:降旗康男出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、矢島健一、安藤サクラ、吉岡秀隆、りりィ、安田顕、三浦貴大 会いたくても、会えなかった、愛する人へ―― STORY:富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、漁港で旧友の川.
追憶【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2017年05月09日 14:13
【出演】  岡田 准一  小栗 旬  柄本 佑  長澤 まさみ 【ストーリー】 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含む三人は、幼少期に親に捨てられ、共に過ごした関係だった。会社と家族のために金策に奔...
追憶  監督/降旗 康男【西京極 紫の館】at 2017年05月09日 23:05
スクリーンに切り取られた世界は儚くも美しい。 豪奢で華美という意味ではない。現実に寄り添って作られた映像。大抵の邦画の薄っぺらい画面とは違う。ゴミも埃もあっていいのだ、その世界を描くのに必要なら。泥が作られた泥ではなくあめつちで作られた泥に思えるほ
映画「追憶」感想【帰ってきた二次元に愛をこめて☆】at 2017年05月11日 02:50
映画『追憶』は、なんで『追憶』なのかタイトルがピンと来ませんねえ。まあ、変なサブ
「追憶」:オーソドックスな小品の味わい【大江戸時夫の東京温度】at 2017年05月11日 23:36
岡田准一主演の映画「追憶」を見てきました。 1992年 冬の能登半島・・・13歳の四方篤は親に捨てられたのと同じような境遇の田所啓太、川端悟とともに軽喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子(安藤サクラ)、山形光男(吉岡秀隆)を慕い、家族のような日々を送っていた。...
映画 「 追憶 」【徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”】at 2017年05月12日 16:18
 『追憶』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)岡田准一と小栗旬の競演が見られるというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪が激しく舞い落ち、港には漁船が並び、波が岸に打ち寄せています。荒波が岩にあたり、カモメがたくさん飛んでいます(...
追憶【映画的・絵画的・音楽的】at 2017年05月13日 06:13
岡田准一、小栗旬、柄本祐、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラという実力のある若手が実に重厚なドラマに挑戦した。北陸の厳しい冬の海のように過酷な環境に置かれた子供たちが大人になっても、厳しい現実と向き合うドラマだ。
追憶【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2017年05月13日 23:55
オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。そして内容ももちろん「ザ・日本映画」なのであった。こんな風に、故郷と、隠された過去と、解かれていく運命の糸とが交錯し…これぞ「ザ・日本映画」!富山を舞台とした作品である。富山と
「追憶」【ここなつ映画レビュー】at 2017年05月17日 23:30
こないだ、公開から1週間遅れで観てきました〜。今回とことん縁のない追憶(笑)全体として、あぁ、大人に沁みる映画だなと思いました。小作品なので、派手さはないかもしれません。サスペンスというよりは、人の心を描く作品だったので、犯人捜しをメインにはおいていません
<追憶>【夢色】at 2017年05月20日 14:59
映画「追憶」を鑑賞しました。
映画「追憶」【FREE TIME】at 2017年05月21日 19:28
□作品オフィシャルサイト 「追憶」□監督 降旗康男□原案・脚本 青島武 瀧本智行□キャスト 岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、長澤まさみ、木村文乃■鑑賞日 5月14日(日)■劇 場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5) <
『追憶』【京の昼寝〜♪】at 2017年05月23日 12:27
評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもったテーマ曲だったかも☆
「追憶」☆様々な形の愛【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2017年05月31日 17:14