2017年05月08日

カフェ・ソサエティ2

cafesociety1公式サイト。原題:Cafe Society。ウディ・アレン監督。ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、スティーヴ・カレル、ブレイク・ライヴリー、コリー・ストール、ケン・ストット、ジーニー・バーリン、パーカー・ポージー、キャット・エドモンソン。1930年代のハリウッド=クリステン・スチュワートとニューヨーク=ブレイク・ライヴリーをめぐる美女対決。
大物プロデューサー・フィル(スティーヴ・カレル)を頼って甥ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)がニューヨーク・ブロンクスからハリウッドにやって来て、雑用係に収まる。やがて美人秘書のヴォニー(クリステン・スチュワート)に惚れる。「車のライトに驚いて動けなくなった鹿みたい」とヴォニーに言われるが、フィルの力強さと好対照なのが萌えどころでもある。実はヴォニーはフィルと不倫していたって、単純過ぎる話。
ゲイリー・クーパー、フレッド・アステア、マレーネ・ディートリヒなど綺羅星のような名前が出てくるが、その割に至って地味なハリウッド。スター達の豪邸巡り止まりだ。
cafesociety2ボビーは結局よりを戻したヴォニーに恋敗れてニューヨークに行くのだけれど、今ならジェット機ですぐでも当時はプロペラ機DC-3あたりで大旅行。ボビーの懐具合でそんな簡単に行けるのかなあ、と思っていたら、親戚にギャングがいて都合よくカフェの経営者になる。いやはや何度もコンクリート詰め殺人が行われるのだけれど、あくまで背景。30年代の色恋は複雑ではないようだ。
で第2の女ヴェロニカ(ブレイク・ライヴリー)が登場。 どちらかと言えばクリステン・スチュワートよりブレイク・ライヴリーの方が30年代チックだ。そういえば「アデライン、100年目の恋」でも1908年生まれの女性を演じていた。クリステンが一本調子な表情なのにブレイクは場面場面の表情がドンピシャで決まっている。役者やのう。やがてハリウッドに戻り、第2の出店を考えるのだが、何か蛇足めいている。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:06│Comments(0)TrackBack(10)clip!洋画カ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50859396
この記事へのトラックバック
個人的にはブレイク・ライヴリーの方が好み。
カフェ・ソサエティ【だらだら無気力ブログ!】at 2017年05月09日 00:42
1930年代、アメリカ。 ニューヨーク・ブロンクス育ちのユダヤ人青年ボビーは、映画業界のエージェントとして成功した叔父フィルを頼りハリウッドへやって来た。 叔父の雑用係となった彼は、叔父の秘書をしている茶髪の女性ヴォニーことヴェロニカに恋をする…。 その後、
カフェ・ソサエティ【象のロケット】at 2017年05月09日 08:20
ウディ・アレンによる、1930年代の社交界の人々によるロマンティック・コメディ。ウディ・アレン自身が、ナレーションを務めている。 タイトルの『カフェ・ソサエティ』とは、社交界の事。社交界を通じたラブコメな訳ですが、社交界は狭いという意味もあるんでしょうかね...
カフェ・ソサエティ / Cafe Society【勝手に映画評】at 2017年05月09日 21:21
評価:★★★☆【3.5点】(11) ウディ・アレンにしてはシニカル要素が影を潜め
カフェ・ソサエティ【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2017年05月09日 21:40
ウディ・アレン(写真:右)の新作。 時代は1930年代。 親戚のツテをたどり、NYから憧れのハリウッドに挑戦する主人公(ジェシー・アイゼンバーグ 写真:左) キラキラしている生活を送れる映画界にスッカリ夢中に。 そんな日々の中、運命の女性(クリステン・
映画:カフェ・ソサエティ Cafe Society キラキラと輝く1930年代の ハリウッド & NY を舞台に、一味違うアレン節を楽しむ。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2017年05月12日 00:08
注・内容、台詞に触れています。『カフェ・ソサエティ』CAFE SOCIETY 監督 : ウディ・アレン出演 : ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワートスティーヴ・カレルブレイク・ライブリー、
『カフェ・ソサエティ(Cafe Society)』ウディ・アレン監督、ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、スティーヴ・カレル、ブレイク・ライブリー、他【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2017年05月13日 18:18
 アメリカ  コメディ&ドラマ  監督:ウディ・アレン  出演:ジーニー・バーリン      スティーヴ・カレル      ジェシー・アイゼンバーグ      ブレイク・ライ ...
カフェ・ソサエティ【風情☭の不安多事な冒険 Part.5】at 2017年05月13日 21:34
映画『カフェ・ソサエティ』は、ウディ・アレン印全開の佳品。アレン節たっぷりのスト
「カフェ・ソサエティ」:腹八分目の伝統芸能【大江戸時夫の東京温度】at 2017年05月16日 23:05
 『カフェ・ソサエティ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)ウディ・アレン監督の最新作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、プール付きの豪邸におけるパーティ−の模様が映し出されます。  場所はハリウッド・ヒルズにあるフィル・スタ...
カフェ・ソサエティ【映画的・絵画的・音楽的】at 2017年05月26日 21:56
ウディ・アレン監督がニューヨークとハリウッドを舞台に描いたロマンティックコメディです。 ジェシー・アイゼンバーグがクリステン・スチュワートとブレイク・ライブリーの間で恋に悩むなんて 豪華な配役だなあと気になっていました。 ウディ・アレン監督らしい展開に、恋の
カフェ・ソサエティ【とりあえず、コメントです】at 2017年06月04日 20:39