2017年05月19日

メッセージ〜村上春樹的UFO4

arrival公式サイト。原題:Arrival。テッド・チャン原作、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ。世界12か所に現れたツタンカーメンエンドウ豆の鞘みたいなUFO12基。12か所って、どう見てもキリスト教の十二使徒のなぞりとしか思えない。突然、地球上のあちこちに同時に現れるのは「インデペンデンス・デイ」と似ているが、現れたのは大都市だったのに対し、本作は田園地帯や海上で“エコ”の趣味があるらしい。大体、エンドウ豆の形状からしてそうだ。
2001年宇宙の旅」に出て来るモノリスと宇宙船を一体成型したような感じ。アンテナのような役割もあり、他のUFOと連絡しあっているようだ。よく見ると、唇のようでもあり、女陰のようにも見える。実のところ、赤ちゃん誕生のストーリーが軸になっているのはどういうことか。
それにしても言語学者ルイーズ(エイミー・アダムス)や物理学者イアン(ジェレミー・レナー)が鞘に入る時のトンネルを移動する様は村上春樹の最新刊「騎士団長殺し」に出て来る伊豆高原と小田原の祠を結ぶトンネルみたいな風情だ。入った途端、重力調整システムがあるのか、ほとんど無重力。上と下の区別がなくなるのだが、引っかかるのはルイーズの娘ハンナ(Hannah)のスペルが後から読んでもHannahだということ。前後の区別、引いては時系列の概念もないような感じだ。実際、後日談はまさに前から読んでも後ろから読んでもを物語化したような感じ。
arrival0書道の墨汁で描いたような、あるいは煙草の煙を吐いて描く円のような円環文字。一瞬連想したのはこれまた村上春樹の「1Q84」のQの文字だ。よく似ている。この小説も2つの月が現れたり、シュールなのだけれど、こちらもヘプタポッドと呼ぶエイリアンが登場する。けれど、この形状、古典的な火星人のイメージ。ただ、いつも霧かスモークに覆われていて明確な全体形状は見えない。
言語学者が主役なので異文化コミュニケーションがテーマなのだけれど、時系列で文字を追いかける表音文字でもコンピュータ言語の数列でもなく、どちらかと言えばインカ帝国の紐の結び目で数字を表すキープや結縄によく似たような形状の表意文字。
あるいはこのUFO、「移動」しないのかもしれない。一応、不届き物が爆薬を仕掛けてモンタナの草原地表ぎりぎりから高度800メートルまで回避するのだけれど、この地球までは移動してきたのさえ不明。実際のところ、ラストは去るのではなく“消える”に近い。なら、この円環文字も一瞬で意味を伝える表意文字で時系列も何もない。消えるか現れるかだ。上下の概念がないから神(上)もないのか。「武器を使え」と思われたエイリアンの言語、実は「言葉を使え」って、戦争はやめて話し合いで解決しろ、という神の思し召しのようにも思えるのだが。
さすがに時系列を崩して死んだ娘ハンナが復活することはないが、代わりにルイーズとイアンが結ばれてハンナを再生(要は赤ちゃん)を作る物語に(巷間言われる「未来の記憶」はいくら何でも無理筋)。エイリアンが千年王国ぽいことも伝えるが、やはり本作もキリスト教がベースで、神の子誕生ぽく、結局、これもSF版聖家族物語なのか。
実は何となく邦題で感じていたのだが、「メッセージ そして、愛が残る」と雰囲気がよく似ている。ここでも未来を予知できる人間が登場している。SFの体裁をとりながらやはり宗教性が高い。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 17:21│Comments(0)clip!洋画ミ-モ | ★4
この記事へのトラックバック
「メッセージ」を鑑賞してきました人気SF作家テッド・チャンのベストセラー短編集『あなたの人生の物語』に収められた表題作を「プリズナーズ」「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィ...
劇場鑑賞「メッセージ」【日々“是”精進!】at 2017年05月19日 19:40
特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないという前代未聞の不手際があり、それはもう上を下への大混乱であった。体験した人は一様に思いを
「メッセージ」第29回東京国際映画祭【ここなつ映画レビュー】at 2017年05月19日 21:31
【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズは宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼ら...
メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ【西京極 紫の館】at 2017年05月19日 21:56
地球各地に、巨大な球体型宇宙船が出現する。 米軍のウェバー大佐から協力要請を受けた言語学者の女性ルイーズは、物理学者の男性イアンと共に、謎の知的生命体と意志の疎通をはかることに。 相手に明確な言語があるかどうかも分からず、延々と試行錯誤が続いていく。 や
メッセージ(2016年製作)【象のロケット】at 2017年05月20日 08:28
ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。 
メッセージ【Akira's VOICE】at 2017年05月20日 14:01
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 宙に浮かぶ謎の物体と朝靄のコントラストが美しすぎる。
メッセージ【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2017年05月20日 16:05
ネタばれあり。 『宇宙船のモデルは、“ばかうけ”だった』、監督が衝撃の告白をした(冗談ですよ)、話題の作品。 うーん、この手の接近遭遇ものでは、地球外生命体から人類がインスパイアを受けてしまうという事を描く事が多いのですが、これもその例に漏れません。言語.
メッセージ / Arrival【勝手に映画評】at 2017年05月20日 17:11
【ARRIVAL】 2017/05/19公開 アメリカ 116分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明―― 言語学者ルイーズが解読した、人類へのラス
メッセージ【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2017年05月20日 23:28
映画『メッセージ』は、かなりハウブラウな所を狙っておりますね。結構アタマ使いなが
「メッセージ」:日本の墨絵にも似て【大江戸時夫の東京温度】at 2017年05月21日 00:31
注・内容、台詞、ラストその他全般に触れています。『メッセージ』Arrival原作 : テッド・チャン監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演 : エイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト・ウィテカー、
"あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、他【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2017年05月21日 07:07
まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態に叩き込まれる! この手腕、なかなかに流石。 それもそのはず! 周回遅れDVD鑑賞な
映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初体験?!の斬新さ。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2017年05月21日 07:36
評判も高く映像も美しい、思わせぶりな映像の連続と謎の宇宙人との緊迫したやりとりに目が釘付け。 重厚そうに見えて実は判りやすい「メッセージ」は良いとして、ラストの着地点を「これこれしかじか」的に終わらせるのって、どうなの??
「メッセージ」☆これこれしかじか【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2017年05月23日 17:17
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 5月19日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:30の回を鑑賞。 字幕版。
『メッセージ』('17初鑑賞51・劇場)【みはいる・BのB】at 2017年05月24日 10:31
☆・・・私は、たまに「10年に一度の傑作」と言う言葉をよく使うが、名作は数あれど、そういう場合は特に、物語に「大きな時代の転換点」が付随されたものを言う。 これまでの作品では、『アポカリプト(メル・ギブソン監督)』『ブラインドネス』『インターステラー』な
[映画『メッセージ』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2017年05月25日 12:21
映画「メッセージ」を鑑賞しました。
映画「メッセージ」【FREE TIME】at 2017年05月27日 23:40
Arrival(viewing film) 『メッセージ(原題:Arrival)
『メッセージ』 冷え冷えした空【Days of Books, Films】at 2017年05月31日 13:18
映画 『メッセージ(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60 点にします。 なお、原作:テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」は未読。 ざっくりストーリー 突如、地球上の各地
映画「メッセージ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし【ディレクターの目線blog@FC2】at 2017年05月31日 20:42
メッセージArrival/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ/2016年/アメリカ そして世界を救うもの TOHOシネマズ新宿 スクリーン5 D-14で鑑賞。原作は未読です。 あらすじ:UFOがやってきた。 キャストエイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト・ウィテカーマイケ
メッセージ/わたしとあなたの物語【映画感想 * FRAGILE】at 2017年06月01日 22:29
なんで未来が分るんだっけ?
メッセージ【だらだら無気力ブログ!】at 2017年06月04日 01:34
 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、湖の畔に建てられている本作の主人公・ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)の...
メッセージ(2016)【映画的・絵画的・音楽的】at 2017年06月05日 21:09
2016年・アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 原題:Arrival 監督:ドゥニ・ビルヌーブ原作:テッド・チャン脚本:エリック・ハイセラー製作:ショーン・レビ、ダン・レビン、アー
「メッセージ」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2017年06月07日 00:17
テッド・チャンの短編小説をドゥニー・ヴィルヌーヴ監督が映画化したSF作品だ。ある日突然地球に飛来したエイリアンとの意思疎通を女性言語学者が解明する物語だけど、実は数千年後の地球にいる生物と人類との対話みたいな様相だと思った。最初から人類と敵対しているわけで
メッセージ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2017年06月18日 23:39
ネビュラ賞を受賞した短編小説「あなたの人生の物語」をエイミー・アダムス主演で映画化したSFです。 アカデミー賞でも話題になっていたので、どんな内容なのだろうと気になっていました。 主人公の強い心と共に不思議なSFの世界に次第に引き込まれていくような作品でした。
メッセージ【とりあえず、コメントです】at 2017年06月27日 23:59