2017年05月30日

たたら侍3

tatara公式サイト。錦織良成監督。青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、AKIRA、山本圭、笹野高史、奈良岡朋子、津川雅彦。島根県出身の錦織良成監督は「RAILWAYS 宍道湖の夕日」、「渾身 KON-SHIN 」以来。いずれも島根県が舞台で本作は奥出雲町のたたら製鉄。今も刀剣用の製造が復活している。
たたら製鉄自体は「もののけ姫」にも描かれていた。たたらを踏んでふいごを吹き、空気を熱された鉄に送ってより赤熱させ玉鋼を作る仕組み。製造所も今と同じように描かれ、炉壁がすり減って来ると、炉壁が壊されて再度作られるのも本作で再現される。
ストーリーはおまけみたいなところがあるが、玉鋼でできた伍介(青柳翔)の刀は鞘を抜いただけでこちらから切りつけてないのに、相手の刀がポッキリ折れてしまうくらいのスグレモノ。ところがラストで、銃砲を真っ二つに割るが、アレレ、この銃砲も玉鋼で作っていた筈だが、矛盾しないのかな。伍介は別に剣の使い手じゃないので時代劇=チャンバラと思い込むと肩透かしを食う。あくまで刀製造の話だ。
時代は戦国時代で織田信長、羽柴秀吉、ラストでは徳川家康へと変遷する。伍介は織田が百姓でも武士に取り立てると聞いたので村を出るが、失敗して村に戻る。そもそもたたら村が召し取られると思って跡継ぎの村下として危機感を持ったためだが、要らぬ心配だった。こんな貴重なたたら製鉄潰すバカはいないのだ。笹野高史ら商人の言っていた通りで、徳川時代に入っても注文は途絶えない。
最初の戦闘で死屍累々に倒れている中、馬一頭だけ歩いているのは黒澤明の「影武者」の影響か。パクリというより今や定番化したシーンだろう。それよりも中国山地の雰囲気がよく出ている。今でも文明から取り残されたような風景がそこにある。
ちなみにexileのメンツはなぜか武士の格好がよく似合うな。ダンスのできる人たちは殺陣もうまいということか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:51│Comments(2)TrackBack(4)clip!邦画タ、チ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50860229
この記事へのトラックバック
たたら侍@ニッショーホール
たたら侍【あーうぃ だにぇっと】at 2017年05月30日 20:49
2017年 唯一無二の玉鋼を生み出す技、たたら吹き奥出雲でその伝統を守ることを宿命づけられた男が侍にあこがれて旅に出た後に人はその若者をたたら侍と呼んだ戦乱の世に、ひとりの未熟な青年が過ちを繰り返しながら生きる道を探し続ける物語 戦国末期、天下無双
映画・たたら侍【読書と映画とガーデニング】at 2017年05月31日 08:29
戦国時代末期。 出雲の山奥(現在の島根県)に、高度な鉄作りの技“たたら吹き”を生業とする“たたら村”があった。 千年錆びないと言われるその玉鋼(たまはがね)は、名刀の貴重な材料であり、たたらの技は“村下(むらげ)”と呼ばれる技術者の家が、古来より代々“一
たたら侍【象のロケット】at 2017年05月31日 08:32
話が超つまんない。
たたら侍【だらだら無気力ブログ!】at 2017年06月04日 01:47
この記事へのコメント
ストーリーはおまけの製鉄の映画でした
Posted by まっつぁんこ at 2017年05月30日 20:54
主人公が勢い余ってたたらを踏んだ感じでした。
Posted by 佐藤秀 at 2017年05月30日 21:27