2017年06月05日

家族はつらいよ2〜銀杏毒で安楽死?3

kazokuturai2公式サイト。山田洋次監督。橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、中村鷹之資、丸山歩夢、劇団ひとり、藤山扇治郎、徳永ゆうき、笑福亭鶴瓶。「家族はつらいよ」の続編。オリジナルでは探偵役だった小林稔侍が周造(橋爪功)の高校時代のサッカー部の同僚でゴールキーパーやっていた丸田だった、という話に。ある意味幼馴染設定だった「東京家族」への先祖返りかも。
しかも丸田は73歳にもなって工事現場で働いていて誘導灯を振っている。それをまた周造は別の探偵を雇い、探し当てて酒を酌み交わし、我が家に連れ込む。バブルで負債を出し、人もうらやむ美人妻に逃げられ今や無縁状態。
しかしぐでんぐでんになった丸田は家で周造が進めたウィスキーでバタンキュー。机に残された飲み残しのオンザロックのグラスの氷が解けてカチンと音がするのと恐らく同時に息絶えている筈。
本作ではこのような何気ない音がところどころで効果的に使われている。丸田が葬儀所で火葬される時、中でパチパチと破裂音がして何事かと中から職員(鶴瓶)が出てきて、大量に棺に入れられた銀杏の実が破裂したのだと分かる。仏様に送る拍手のパチパチなのだろうか。鶴瓶の台詞が必要最低限だったのも良かった。この人に好きなだけしゃべらせたら収拾つかなくなることもあるし。
銀杏の実は丸田が生前好みだったことから棺に入れてあげたのだが、そもそも銀杏の実が好みなのはそれだけ食うに困り、街路で拾って食ってたのじゃないかとも想像できる。しかも、この銀杏の実、曲者で有毒成分があり、「歳の数以上食べてはいけない」という言い伝えがあるほど。食べ過ぎると死ぬこともあるとか。
周造に頼まれて居酒屋の女将かよ(風吹ジュン)がふんだんに銀杏の実を丸田に食べさせていたが、このことも死因だったと考えられなくもない。となると喜劇というより、無知がもたらした悲劇の様相も帯びて来る。ちなみにかよ、夜更けまで働く水商売なのに朝6時半に始まるラジオ体操に参加するというのは無理筋な気がする。
そもそも周造だって車がボコボコになって心配する周囲をよそに自動車免許を放棄しようとせず、命の危険をよそに残りの人生を楽しもうとしていた。妻の富子(吉行和子)も面倒くさい夫をほっぱらかして「死ぬ前に一度見たい」オーロラ見学ツアーに出かける。丸田だって好きな銀杏の実を食って安楽死を願ったとも想像できなくもない。そう考えると人生の終期を迎える人々のあおれぞれの哀愁がより滲み出て来る。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:23│Comments(0)TrackBack(5)clip!邦画カ〜ナ行 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50860474
この記事へのトラックバック
家族はつらいよ2@丸の内ピカデリー
家族はつらいよ2【あーうぃ だにぇっと】at 2017年06月05日 22:56
映画『家族はつらいよ2』を観ての帰り道、スマホを見ると「橋爪功の長男が覚醒剤所持
「家族はつらいよ2」:今回も笑いの感覚がさびてて・・・【大江戸時夫の東京温度】at 2017年06月05日 23:26
可笑しさ満載。 その陰に悲哀をしのばせ慈味豊か。  
家族はつらいよ2【Akira's VOICE】at 2017年06月06日 10:31
周造と富子との離婚騒動から数年後。 73歳になる周造の車には凹み傷が目立ち始めていた。 高齢者の危険運転を心配した子どもたちは、周造に免許を返上させようとするが、周造は激怒してしまう。 そんな時、周造は故郷・広島の高校時代の同級生・丸田と40年ぶりに偶然再会
家族はつらいよ2【象のロケット】at 2017年06月07日 08:25
2017年・日本 配給:松竹 監督:山田洋次 原作:山田洋次 脚本:山田洋次、平松恵美子 撮影:近森眞史 音楽:久石譲タイトルデザイン:横尾忠則 昨年公開された山田洋次監督の喜劇「家族はつらいよ」の続
「家族はつらいよ2」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2017年06月11日 23:13