2017年09月15日

エイリアン:コヴェナント3

ACovenant公式サイト。リドリー・スコット監督。マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル、カーメン・イジョゴ、ジャシー・スモレット、キャリー・ヘルナンデス、エイミー・サイメッツ、ナサニエル・ディーン、アレクサンダー・イングランド、ベンジャミン・リグビー、ウーリ・ラトゥケフ、テス・ハウブリック。「プロメテウス3D」の続編。そもそも「プロメテウス」が元祖「エイリアン」の前日譚と思っていたら、さらにその後日譚とややこしい。中身はなぜか「パッセンジャー」とそっくりのシチュエーション。
ロボットのデヴィッド/ウォルター(マイケル・ファスベンダー)を除いて人間の主役のダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)はオリジナルのリプリー(シガニー・ウィーバー)とよく似た雰囲気はある。キャサリンはシガニーほど凛々しくないが、その分可愛い。
ストーリーも実のところオリジナルをなぞっている感がある。船長が頼りなくて軽率に知的生命体のいる信号につられて未知の惑星の立ち寄って最悪の事態に陥ることも。エイリアンに最初に襲われるシーンなんか全く同じと言ってもいいくらい。まあオリジナルから40年近いのでむしろ新世代用に復習を兼ねているのかもしれない。思えば「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」のようにプレデター絡みもあったので、記憶がこっちゃになっていて、オリジナルがすっかり埋もれていたに等しい。
アンドロイドも本作では最初からアンドロイドだがオリジナルでは確か船員に隠れていて、白い液体が出てやっとアンドロイドだと判明したシーンがあったと思う。同じファスベンダーのアンドロイドが2種類あるのは「プロメテウス」から10年後の設定で、その10年間に色々あったからだ。
実はエイリアンも10年前の人間たちに遺伝子的に改造され「完璧」な生物になった。オリジナルでも「完璧な生命体」と言われていたから、なぜそうなったかの背景説明でもある。そもそも今回のエイリアン人間もどきに変態している場面があり、原点は人間なのかと匂わせ、人間の悪魔化が図られたような形跡がある。ちなみに「コヴェナント」は聖書の「約束」ではなく、宇宙船の名前だった。もっともエイリアンにとっての聖書の約束になっているのかもしれない。 実際、聖書風のシーンもある。
またエイリアンの生成のプロセスで「トランセンデンス」で見られたようなナノテクの鉄屑状態から生まれるというのはどうなのか。エイリアンというのは粘っぽくって生々しいから怖いと思うのだが。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 22:57│Comments(0)clip!洋画エ | ★3