2017年11月01日

先生! 、、、好きになってもいいですか?2

sensei公式サイト。河原和音原作、岡田麿里脚本、三木孝浩監督。生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、八木亜希子、森本レオ。広瀬すず、森川葵という旬な若手女優が共演。森川は主演した「恋と嘘」でも本作のような脇役でもなかなかいい。
ストーリーは割とベタな展開で、伊藤貢作先生役の生田斗真(33歳)が予想外に老けて見えるのは2人の若さが溌剌とし過ぎているせいか。森川葵は応援役に徹しているのだが…。
高校同級生の島田響(広瀬すず) と千草恵(森川葵)はともに弓道部。なぜか学園物で女子高生の場合、弓道部というのが多い気がする。「ちーちゃんは悠久の向こう 」も「時をかける少女(2010) 」も弓道女子だった。主人公の被写体自体は動かないから絵にしやすいのかも。広瀬すずはこれで実際にも高校生最後の作品だという。
伊藤先生を見つめる広瀬すずの潤んだ目がなかなかいい。本当にピュアな気持ちが伝わって来る。この目で有り得なさそうなのがあり得そうと思えて来る。自然に目の表情だけで恋心が募って来るのが伝わって来る。すずはやっぱりただ者じゃない。
ラストの破綻は今時いかにも今時風で、キスシーンを盗撮されてネットに流されるのだけれど、犯人はどう見てもあの男だろう。それにしても、この2人ばかりか、他の先生も別の生徒に言い寄られるって、最近の高校ってそんなんだろうか、と思ってしまいそう。どうせならもっと踏み込んで先生の部屋に住み込んでも良かったのではと思えて来る。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 19:40│Comments(0)clip!邦画セ,ソ | ★2