2017年11月07日

氷菓〜一種の学園タイムトラベル2

IScream公式サイト。米澤穂信原作、安里麻里監督。山崎賢人、広瀬アリス、本郷奏多、小島藤子、岡山天音、斉藤由貴。広瀬アリス演じる「える」って「L−エル−」つながりなのかと一瞬、思ってしまう。妹の広瀬すずよりもセーラー服姿がよく似合う。それから高校の古典部の部室ってタイムトラベル室だよね。
1967年と2000年だから現代とは直に関係しないというのが難点。
えるの行方不明になった伯父が10年前、何と声をかけてくれたのが思い出せない。そのヒントが古典部の部報「氷菓」。古典部なんてへんてこりんな名前の部って今も昔もあるんだろうか、とは思うのだけれど。
「氷菓」の解釈は文字通り「評価」が分かれるかもしれない。それにしても「氷菓」の元ネタがあれって、思わず榊原郁恵の

を思い出してしまう。“I scream, you scream”ってな感じ。
そもそも図書館がキープレイスになっているところもタイムトラベルぽい。「氷菓」のアーカイブも図書館にある。図書館員(斉藤由貴)もこの高校のOGだし、元はそうでしょう、ということになる。氷菓自体が「時間を凍らせた」感じに見えてしまう。ただ、学園闘争まで遡っているのだけれど、ちょっと時間が立ち過ぎてリアリティ感じられないのが難だろうか。校舎燃やしても、どっちかと言えばキャンプファイアの甘酸っぱい思い出に見えてしまう。
思えば本作の斉藤由貴、「三度目の殺人」と重なる部分があるように思える。あの時は広瀬すずだったが、本作では広瀬アリス。
実のところ、とにもかくにもお目当ては何といっても、広瀬アリス。ストーリーはさておいても絵になる可愛さは妹より勝っている。アリスが出ているだけで損した気分にはなれないのだ。


Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 22:39│Comments(0)clip!邦画ヒ | ★2