2017年11月08日

マイティ・ソー バトルロイヤル2

thorBR0公式サイト。原題:Thor: Ragnarok。タイカ・ワイティティ監督。クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ブランシェット、イドリス・エルバ、ジェフ・ゴールドブラム、テッサ・トンプソン、カール・アーバン、マーク・ラファロ、浅野忠信。「マイティ・ソー」、「マイティ・ソー ダーク・ワールド 」の続編なのだけれど、取り分け後者の「アベンジャーズ」絡みのソー(クリス・ヘムズワース)と弟ロキ(トム・ヒドルストン)が中心。
多分、このままではマンネリ化しかねないと大物ゲストスター、ケイト・ブランシェットを迎え入れ、相応の北欧神話の死の女神、ヘラ役で盛り上げようという算段だったのだろう。ブランシェットがSFって多分初めてか。
ただ、その割に盛り上がらない。いきなりヘラが出てきて、あっという間に平らげ、生き残りの浅野忠信も串刺しにされて早々と終了。浅野の持ちタイム、本人もその後、世界で出世したのだから、もうちょっと多くしてもらってもいいと思うのだけれど。ソー(クリス・ヘムズワース)も、伝家の宝刀ハンマー、ムジョルニアをヘラに簡単に破壊されて事実上、あっという間の決着。ソーは宇宙の果てまで飛ばされる。その割に後で互角の戦いになるって、よう分からん。
結果、戦いよりも、おしゃべりが多くなる。ハルク(マーク・ラファロ)とソーが対決し、なぜか「アベンジャーズ 」同窓会の気分に。ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)がビデオで登場し、果てはトム・スターク・コスプレまで出てきて何をか況や。
そもそもソーとロキ、前作でいがみ合っていたのになぜか団結する。しかも、ロキ、炎に入れた仮面をかぶると一気に強くなり、あのヘラまでやっつけて万歳って。一体何だったんだと思ってしまう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:32│Comments(0)clip!洋画マ | ★2