2017年12月29日

2017年映画予想外ベスト5&ワースト5

SAM昨年までは「予想外ベスト10&ワースト10」だったのだけれど、今年観た映画が減少したので(事前予想とか前評判とは裏腹に)予想外に良かったベスト5作品と予想外に悪かったワースト5に縮小。洋画、邦画の垣根を越えてピックアップしてみた。作品の絶対評価ではなく、あくまで観る前と観た後のビフォーアフターの落差がプラスだったかマイナスだったかで選んだ。
予想外ベスト5
1.「スイス・アーミー・マン
笑っていいのか怖がっていいのか、悲しんでいいのか、人を宙吊りにさせてしまう。
2.「MERU/メルー
登山のドキュメンタリーなのにドラマチック。まるで随伴している気分になる。
3.「PARKS パークス
橋本愛と永野芽郁のコンビの新緑のような若さに尽きる。
4.「パッセンジャー
コンピュータに幾重にも管理されているらしい宇宙船内の人間模様。
5.「8年越しの花嫁 奇跡の実話
実話が感動的過ぎると、映画がそれに追いつけない場合があると思うのだけれど、土屋太鳳も佐藤健も実話に負けていなかった。特に土屋の頑張り最高。
narratage予想外ワースト5
1.「ナラタージュ
タイトルがナレーションだからと言って、引用のナレーションばかりな感じ。
2.「追憶(2017)
あなたへ」から続いているような、姉妹作品のような雰囲気だけれど、高倉健いないのに無理やり小栗旬がその役回りを演じている感じ。
3.「武曲 MUKOKU
死にかけた体験から全編殺伐とした演出で救いがない。
4.「マリアンヌ
過去の名作を重ね着し過ぎて、結果的に淡白になってしまった例。
5.「スノーデン
現実の物語なのに現実を追い越せてないのなら映画にする意味あったのか。直接関係ないドナルド・トランプ(2015年米大統領選立候補表明)まで出て来るのは興醒め。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 16:10│Comments(1)clip!映画特選 
この記事へのコメント
10本のうち観たのが3本しかない(^^♪
たしかに“MERU/メルー”は予想以上に良かったです。
Posted by まっつぁんこ at 2018年01月02日 11:16