2018年02月17日

サニー/32〜実は連合赤軍事件モチーフ?3

sunny公式サイト。スーパーバイザー: 秋元康、白石和彌監督。北原里英、ピエール瀧、門脇麦、リリー・フランキー、駿河太郎、音尾琢真、山崎銀之丞、カトウシンスケ、奥村佳恵、大津尋葵、加部亜門、松永拓野、蔵下穂波、蒼波純。最初、韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」の続編なのかと思ったら全然違った。
秋元康が絡んでいるのでNGT48北原里英(元AKB48)が主演で、本来主演すべき門脇麦が脇役に回ったのがちょっと不満。
雰囲気的には同監督の「凶悪」と似ていてキャストも重なる部分がある。タイトルは中学校教師の24歳の藤井赤理(北原里英)が指で「3」「2」(写真↑)と指し示すことからということらしいけど、正直何のこっちゃ感ある。実はこの32サイン、14年前の同級生を殺した女児が行った同じサインで、女児はその後、解放されたが赤理が本人かどうかは分からない。
けれど、柏原勲(ピエール瀧)と小田武(リリー・フランキー)は誘拐して新潟県の山麓の雪の廃屋に拉致し、犯人呼ばわりする。そうなんだ過疎化が進む今時の日本、こんな廃屋いっぱいあるんだろうなあ。
まあ、縄で縛られて寒いだろうからおトイレどうするんだろうかと思ったけれど、そういうリアルなことは省略か。
最初、赤理が大人しいからやっぱり所詮女性かな、と思ったけれど、後半は怒涛の流血戦、勲も武も呆気なくやられてしもうた。警官がやって来ても、あっさりやられちゃう。とうとう警官隊が包囲することになって…。
何故か40年以上前の浅間山荘事件とかの連合赤軍事件を思い出してしまう。あの事件も女性がリーダーだったし。白石和彌監督は「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」を撮った若松孝二監督に師事しているし。
もう一人のサニー(門脇麦)はネット上でしか登場しない。いつ出て来るのかと思っていたが、後半しかもラスト近くか。それにしても並行的に赤理が勤める中学校で殺人事件が起きるというのは、ひょっとして赤理の妄想とすると、やはり赤理がやっていたということか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:30│Comments(0)clip!邦画サ | ★3