2018年02月26日

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ3

beguiled公式サイト。原題:The Beguiled。ソフィア・コッポラ監督。ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニング、コリン・ファレル、ウーナ・ローレンス、アンガーリー・ライス、アディソン・リーケ。 1864年の南北戦争の真っ只中。森の外れの女子学院は男は戦争で出払い、「空き」状態。
まず森から始まる。足を負傷した北軍兵のマクバニー伍長(コリン・ファレル)。キノコ採りに来ていたアリシア(エル・ファニング)に見つけられ、南軍の家族ミス・マーサ(ニコール・キッドマン)の家に連れていく。いるのは皆若い女性。しかも美人ばかりってあり得ないと思うのだけれど。敵兵であることと男であることと二重に悩ましい状態。下手に治療してあげれば、何されるか分からない。
やがて懸念したことは現実に。 マクバニーは回復しかけた脚が回復を待たずに手をつけ、エドウィナ(キルステン・ダンスト)に階段下まで突き落とされる。患部の骨が砕け、マーサは足を切断しないと腐ると言って、切断する。この時点で一体どちらが残虐なのかよく分からなくなる。
実際、マクバニーはキノコという森の隠れた「悪」で殺される。あの優しいアリシアが毒キノコをつんできて。キノコに始まりキノコで終わる。
思えば、森の息遣いのような映像描写が繰り返される。森は彼女らにとって神様のような神聖さがある。小さな女の子のペットも亀だ。その森の向こうで南北戦争が今も戦われている描写は秀逸。森が荒々しい男どもから守ってくれたのだ。
ちなみに「ビガイルド」って「欺かれ」とか「魅了され」という意味だが、それは彼女たちにもキノコにもマクバニーにも当てはまりそう。女性たちはマクバニーの美しい肉体、端正な顔立ちに惑わされ、ヒリヒリした気持ちになっている。アリシアはキノコに魅せられている。どちらも見誤ったら死ぬということか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 22:40│Comments(0)clip!洋画N-Z | ★3