2018年03月31日

トレイン・ミッション2

commuter公式サイト。原題:The Commuter。ジャウマ・コレット=セラ監督。リーアム・ニーソン、ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、サム・ニール、エリザベス・マクガヴァン、ジョナサン・バンクス、フローレンス・ピュー。リストラされた60歳になるニーソン、本当にうらぶれ感半端ない。
今後のローン返済や息子の学費のことが頭をよぎる。いつもの電車で帰宅途中の彼の前に面識のない女性(ヴェラ・ファーミガ)に摩訶不思議なことを言われる。
普通に考えれば、この時点でニーソンはもう既に列車に飛び込んで死んでいるんじゃないかと思われる。ラストシーン見てもそんな感じがする。つまり、その中間はニーソンの今際の夢のようなものなのだ。
元々ファーミガは摩訶不思議な雰囲気を持った女優で、現実の女性なのかあっち側の女性なのかよく分からないところが配役の妙だろう。最後にネタバレみたいなものが明かされ、実はこの2人も顔馴染みなんだそうな。
ニーソンが今際に思い浮かべたのは妻ではなく通勤電車の顔馴染みだったということでは。思えばニーソンの立ち位置は家庭でも居づらくなった。ましてや会社はお払い箱なのに家族には言えない。日本でもよく聞くお話でもある。
そうなるとその“中間地帯”の通勤電車が住処になる。10両編成のニューヨークの地下鉄を彼が往ったり来たりするのは言わば象徴的な行動だろう。お金で釣られるのも家庭の事情がもろに透けて見える。列車の床下にもぐるのも“中間地帯”にいるということだろう。
でも、列車が暴走して止まらないのはどうなんだよ。ブレーキ止まり運転士殺されたのなら架線に流れている電流を止めればしばらく惰性で走り続けるだろうがやがては止まる。ここらあたりもう少しリアルにしてもらわんと。
それから邦題。まさかニーソンが列車トイレの中でカネ見つけたことをヒントに思いついたんじゃないだろね。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 23:00│Comments(1)clip!洋画テ、ト | ★2
この記事へのコメント
私は好きなので、今回はそうとう楽しんでしまいました。

あと、乗客を説得しなくちゃなリーアム・ニーソン、
彼ならではのドスの効いた発声が冴えわたりまくりだった点で(笑)

いろいろな映画の楽しみ方がありますね!
Posted by onscreen at 2018年04月02日 00:57