2018年05月12日

孤狼の血〜豚に真珠3

korounochj公式サイト。柚月裕子原作、白石和彌監督。役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介、中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也、阿部純子。「豚に真珠」という諺を連想する。諺の起源は新約聖書のマタイ伝らしいが、タイトルと合わせて「狼生きろ豚は死ね」(c石原慎太郎)も連想してしまう。そもそも暴力団担当課刑事大上(役所広司)の名字は「オオカミ」とも読める。
そもそも本作に豚が出て来る必然性などないんだけれど、狼が豚箱で死ぬという皮肉が込められている感じ。豚箱は警察の留置所のことではなく文字通り豚箱で、オープニングは豚が肛門からうんこひり出すところから始まる。ラストがうんこみたいに豚箱に捨てられた大上のライター。ちなみにエンディングもライターのシュポッだ。
真珠に至っては男性のアレに埋め込むアレだ。穴から出すものと穴に入れるものという対称の妙、汚れたものと美しいものの対称の妙。
広島県の架空の都市、呉原は呉市と三原市を合成したようだ。本作は「仁義なき戦い 広島死闘篇 」をモデルにしたものだろう。
かと言って役所が暴力団相手に大暴れするわけでもない。拳の代わりにとにかくしゃべるしゃべる。しゃべくりで相手を圧倒する。その結果、暴力団の一派と癒着している。「警察は何しても許されるんじゃ」はある意味名セリフ。
松坂桃李の恋人役の阿部純子は旧芸名吉永淳で、河瀬直美監督の「2つ目の窓」で村上虹郎と一緒に奄美大島の海を全裸で潜水していた人だ。その美尻ときたら…。残念ながら本作ではあまり目立つ役柄ではなかったが、その気品のある美しさは保ったままだ。たとえ「ただでお〇こ見せてあげたでしょ」と言いながらも。思えば「2つ目の窓」ってお〇こかもしれないし、肛門かもしれない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:36│Comments(0)clip!邦画コ | ★3