2018年05月24日

ランペイジ 巨獣大乱闘〜シン・ゴリラ2

rampage公式サイト。原題:Rampage。ブラッド・ペイトン監督。ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン、P・J・バーン、マーリー・シェルトン、ジェイソン・ライルズ。これはナントカとカントカを足して2で割ったようなどころの騒ぎではない。マルチ良いとこどりだ。
まずロック様とナオミ・ハリスのコンビ、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のカレン・ギランとのコンビとそっくり。舞台も同じ熱帯のジャングルだから既視感ありまくり。
巨大化するという遺伝子工学つながりでは、毎度お馴染み「ジュラシック・ワールド」などのジュラシック・パークシリーズの亜流って感じがする。巨大化ワニはティラノサウルスを思わせる。このシリーズまたやって来るんだな。
さらにさらにオープニングと来たら「ゼロ・グラビティ」+「エイリアン」オリジナルの合わせ技ぽい。ただし衛星上の綺麗な姉さん、敢え無く死亡の悲劇。高層ビルを派手にぶっ壊すのは「マン・オブ・スティール」=スーパーマンの上を行き、9.11のような面倒くさい崩壊じゃなくてそのまんま倒壊させてしまった。これはある意味シン・キングコングぽい。
極めつけはどう見ても「シン・ゴジラ」をパクっているとしか思えないワニの川の遡上。大体、巨大化したワニに鰓が付いているって、猛烈に進化したワニラだろう。シン・ゴジラもそうだった。ステルス爆撃機B-2がお出ましのところまで似ている。
ところで、こんなに巨大化すれば自重で動けなくなり一歩も動けない筈というのが科学的通説。ワニだって水中にいる分は大丈夫かもしれないが陸上に上がった途端動けなくなるか、自重で腸が出て来て死亡なんじゃないだろうか。
ゴリラが人間を食べるシーンがあるが、ゴリラは基本草食。そもそもだ、こんなに巨大化するには膨大な食糧が必要だが食べるシーンはこれのみ。食糧不足で人間も食うようになったなんて一応理屈は作れるのだけれど。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:48│Comments(0)clip!洋画ラ,リ | ★2