2018年07月04日

空飛ぶタイヤ〜空飛ぶダイヤの呪い?2

flyingtire公式サイト。池井戸潤原作、本木克英監督。長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、笹野高史、岸部一徳、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐、ムロツヨシ、柄本明、佐々木蔵之介、六角精児、大倉孝二、津田寛治、升毅、中村蒼、和田聰宏、木下ほうか、浅利陽介、谷村美月、近藤公園、村杉蝉之介、渡辺大、矢野聖人、田口浩正、斎藤歩、岡山天音、矢島健一、津嘉山正種、毎熊克哉、加藤満、筒井巧、中林大樹、井上肇、小久保丈二、高川裕也、池上紗理依、木下隆行、木本武宏。三菱自動車工業の三菱リコール隠し事件をベースにした実話に基づく。
タイトルから普通に想像するのは航空機のランディングギアに付いているタイヤだろうか。まさか脱輪して外れる欠陥自動車のタイヤとは思わない。意外性を狙って訳わからないタイトルってのもどうか。むしろ三菱=スリーダイヤモンドから「空飛ぶダイヤ」と錯覚してしまいそう。
「ホープ」という社名も国産宇宙往還機HOPEを想像してしまい空飛ぶホープなんけ、とか色々勘違いしてしまいそう。何せ、
2007年8月には北海道大樹町多目的航空公園にて飛行実験がおこなわれたが、飛行実験実施が凍結となり、当初計画されていた、自動着陸実験には至らなかった。
とあり、希望は潰えている。
同じ場所でホリエモンロケット2号機が炎上、打ち上げ直後に落下(朝日)というニュースが先日あったばかり。
さらに三菱グループの三菱重工が進める日本初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)もMRJ開発遅れ響く 三菱航空機、債務超過1100億円(朝日新聞)
MRJは当初、13年の納入開始を予定していたが、開発が難航。5度の納入延期を重ね、現在は20年を目指している。開発費は当初、1千億円台を見込んでいたが、約6千億円に膨らんでいる。その一方で売り上げが立たないことから、17年3月期に510億円の債務超過に転落していた。
というニュースもあったばかり。まだ呪いは続き、連鎖しているのだろうか。犠牲者に花束ばかりか、どこかに塩まかんといかんかも。
flyintire2配役的には、ディーン・フジオカと高橋一生が共演するというのはどうなのか。
この2人、別々の映画に出ていればさほど似てないのだけれど、同じ作品で同じ背広姿だと正直区別しにくい。髪型も同じだったらえらいこっちゃ。エリート・サラリーマン顔だと表情の変化もだんだん似通ってくるから不思議だ。
中小企業の運送会社社長の長瀬の濃い顔と対照的過ぎて却って分かりやすすぎるのも、どうなのかと思えてしまう。その意味で欠陥配役かもしれない。まあ、そのことを狙っての配役かもしれないけれど。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 12:21│Comments(0)clip!邦画セ,ソ | ★2