2018年07月25日

ピース・ニッポン3

364120_001公式サイト。中野裕之監督。渡辺大、及川さきの、ナビゲーター・小泉今日子、東出昌大。劇中歌:竹内まりや。日本列島の四季折々をフィルムに収めた。そして、その美しさは「一期一会」。実際、気候変動で将来的に永遠に失うかもしれない。
364120_007愛媛県・肱川(ひじかわ)は直近の豪雨で氾濫し大災害がニュースになったばかり。
ここは湿った水蒸気が河口まで下る肱川あらしが有名。
映画「アクトレス〜女たちの舞台〜」でシルス・マリア近くにあるマローヤ峠を渡ってイタリアからスイスに吹いてくる湿った風によって谷あいをくねくね曲がりながら流れて来る雲を「マローヤの蛇」と呼ばれるのとよく似ている。肱川あらし(肱川おろしとも)は龍に例えられているようだが、そのうち雲よりも豪雨の泥水が龍に例えられかねない。色合いはむしろ泥流の方が龍に似ているのが悲しいところ。
災害と言えば熊本地震 (2016年)で被災する前の熊本城が。この熊本城、先月も豪雨で元太鼓櫓が崩壊したばかり。踏んだり蹴ったりの状態だが、つい2日前、完了まで約20年の第一歩 熊本城、石垣積み直し始まる(朝日新聞)というニュースが出たばかり。
364120_008ただ今後20年の間にまた災害に遭って永遠に修復中になりはしまいか。今後も豪雨災害は折に付けて起きそうなのでまるでスペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリアのように永遠に未完成とか。
もう一つ、熊本から阿蘇に抜ける天空の道も被災して分断された。こちらは廃止さえ検討されているそうな。
さらに南に下って屋久島の縄文杉。そしてウィルソン株に紀元杉。一昔前縄文杉を見て男子グループ全員で取り囲み、せーので栄養を与えることを名分にして記念連れションしたことがある。縄文杉からすればこれも豪雨災害なのかも。良い子の皆さんは真似しないように。もっとも今は囲いで防護されているらしい。
そう言えば、主題歌を歌った竹内まりやさん(↓)、山梨県の神代桜も訪れていた。その時は「人生の扉」を歌っていた。神代も縄文時代も基本変わらないのだが、いずれ一挙に失われるかもしれない。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:15│Comments(0)clip!ドキュメント邦画 | ★3