2018年08月24日

検察側の罪人〜インパール検事って2

kenzai公式サイト。雫井脩介原作、原田眞人監督。木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、大場泰正、谷田歩、酒向芳、矢島健一、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、松重豊、山崎努。検察官最上毅(木村拓哉)の妻奈々子(山崎紘菜)って、その出で立ちからしてアチラから調達したとしか思えない。
まず「パコ、パコ」の重要参考人・松倉重生(酒向芳)はいかにも変質者で犯罪者らしくて困ったものだ。逆に「私、やってません」と言っているようなものだ。ちなみに当該事件って「リバーズ・エッジ」の殺人現場ぽい。
それにしても先の大戦の無謀さの象徴、インパール作戦が引用されてるとはさすがに驚いた。でも、軍の暴走が引き継がれて検察の暴走って牽強付会もいいところじゃないか。祖父がインパール作戦に従事したとかどうのこうのって関係あらへんがな。そもそも検察は暴走なんかしていない。してたかな? 最上毅の決め台詞「検事でいる意味がない」をインパール作戦を指揮した牟田口廉也をなぞらえているのか。帝国軍人でいる意味がないと言いたげな。
検察事務官橘沙穂(吉高由里子)がスパイみたいなことやっているけれど、なぜ試験を突破してまでスパイもどきの振る舞いするのか。なぜ涙を流すのか。
見終わって何が何だか分からなかった。いくら何でも橘が荒川で殺された少女の友達って話なら、「そして誰もいなくなった」というクローズド・サークルの代表作品があるけど、「そして誰もが関係者だった」なんて一番安っぽい小説の作法じゃないか。
妻奈々子(山崎紘菜)がなんであんないかがわしい格好だったのかは検察じゃなくて最上毅の暴走を予感させていた。諏訪部利成(松重豊)も正義と不正義の境界をまたいで稼ぐ情報屋さん。分かりやすく言えばヤクザ屋さん。だけど最上毅の暴走の大義がどうしても分からない。同年の国会議員丹野(平岳大)の飛び降りも意味不明だったが、意味不明が感染したのだろうか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 23:15│Comments(0)clip!邦画ガ行 | ★2