2018年08月27日

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー3

mammamia2公式サイト。Mamma Mia! Here We Go Again。トム・ハンクス製作総指揮、オル・パーカー監督。アマンダ・セイフライド、リリー・ジェームズ、メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、クリスティーン・バランスキー、ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパー、アレクサ・デイヴィーズ、ジョシュ・ディラン、ジェレミー・アーヴァイン、ヒュー・スキナー、、ジェシカ・キーナン・ウィン、アンディ・ガルシア、シェール。「マンマ・ミーア!」の続編。前作同様、ABBAサウンドを堪能できる。取り分け若い頃のメリルを演じるリリー・ジェームズが素晴らしく、「(メリル+アマンダ)÷2=リリー」になってしまう。服装にしてからこの公式になっちゃいそう。ちょっと若き日のアグネッタ・フォルツコグも連想してしまう。
若いドナ(リリー・ジェームズ)が島に辿り着くまで、汽船に乗り遅れ、ヨットに乗せてもらい最後は小さなボートを漕いで…。3人の男性の前に3つの船。この三段論法、人の運命の不確かを象徴しているような。
山の上のあばら家、階段の手すりで滑る前作のオマージュも、手すりがぶっ壊れてしまう。この貧しさ、ドナが二世代で出て来ると、どうしてもこの歌を連想する。

ABBAとは対極にある屠殺されるために牛が引かれるもの悲しい歌。ある面でナチスドイツ下で収容所に送られるユダヤ人を象徴しているとの説も。
どうして明るさいっぱいのギリシャの海と暗鬱さがポジとネガのように思ってしまうのか。実はリアルではドナ(メリル)は遺影になっていて死んでしまっている。あのベッドでも踊るドナはもういないなんて。セレブ達も嵐で来れなくなる。これはどうしたものだろう。
ドナの駄洒落じゃないけど、何かしらリルケの「ドゥイノの悲歌」すら連想してしまう。ドゥイノの城は本作の舞台を連想してしまう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ




Posted by y0780121 at 23:26│Comments(1)clip!洋画マ | ★3
この記事へのコメント
なんで、こんな前の映画を宣伝しているんだろうと思ってましたら、マンマミーヤの続編だったんですね。宣伝がまぎわらしくって^^;。

時折このブログを見させて頂き参考にさせて頂いております。
Posted by kincyan at 2018年08月30日 06:39