2019年01月03日

2018年外国映画ベスト10

CMBYN一昨年に引き続き昨年見た基本的に劇場新作公開63作品から。一昨年に比べ14作品減った。3年前に比べると24作品減。まあ、結構な減りっぷりだ。いつの間にか相対的に邦画が多くなったみたいだが、特段理由があったわけでもない。結果そうなったとしか言いようがない。
【ベスト10作品】
1.「君の名前で僕を呼んで
2.「ヴァレリアン 千の惑星の救世主
3.「スリー・ビルボード
4.「ザ・スクエア 思いやりの聖域
5.「レッド・スパロー
6.「女は二度決断する
7.「ラブレス
8.「リメンバー・ミー
9.「ダウンサイズ
10.「ハッピーエンド

valerian【監督賞】
[リュック・ベッソン] (「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」)
【コメント】パール惑星の映像が斬新過ぎる。

【主演男優賞】
[デイン・デハーン] (「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」)
【コメント】真珠化粧で分かりにくかったが、そういうことらしい。

【主演女優賞】
[ジェニファー・ローレンス] (「レッド・スパロー」)
【コメント】
この人は台詞がなくても、ただ突っ立ってるだけでも絵になる演技をしている。

【助演男優賞】
[ウィル・ポールター] (「デトロイト」)
【コメント】そのチャラい演技が逆に光る。

【助演女優賞】
[[カーラ・デルヴィーニュ](「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」)
【コメント】デハーン同様、真珠化粧で分かりにくいのだけれど。

【ニューフェイスブレイク賞】
[スヴェヴァ・アルヴィティ] (「ダリダ あまい囁き」)
【コメント】新人ではないのだけれど、これしかない。

【音楽賞】
スリー・ビルボード
【 コメント】なぜかABBAがBGM。

関連エントリー:
2018年日本映画ベスト10
2018年映画予想外ベスト&ワースト5
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:30│Comments(1)clip!映画特選 
この記事へのコメント
確かに、ヴァレリアン面白かったです。
忘れてました...

ありがとうございます!
Posted by onscreen at 2019年01月04日 09:49