2019年02月11日

アクアマン1

aquaman公式サイト。原題:Aquaman。ジェームズ・ワン監督。ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、パトリック・ウィルソン、ドルフ・ラングレン、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、ルディ・リン、テムエラ・モリソン、ニコール・キッドマン。言って見れば、海中のスーパーマンと思えば、分かりやすいが、その分、つまらなくも思えてしまう。
海底王国アトランティスの末裔であるアクアマン(ジェイソン・モモア)は灯台守に育てられる。実は人間とアクアマンのハーフ。どうも海底に行ったのがアクアマンで、陸に上がったのが人間ということらしい。アクアマンは鰓の半分が絵描きなのが何ともしらける。「シェイプ・オブ・ウォーター」でも魚人間が登場していた。こちらはまことに暗い映画で魚と人間の恋愛ドラマだったのだけど。
母親(ニコール・キッドマン)は海底に住んでいて生き別れになったというのだけれど、それにしても明るい海底だ。何だか訳わからん。いくら何でもあまりに現実離れし過ぎていてついて行けないのだ。アクション映画としても物足りない。キッドマンのみならず、各国の錚々たる俳優が出ているのだけれどもったいない。
そもそも海底が舞台の映画ってこれまで成功作と呼べるものあったのだろうか。特にアクアマンがサメに乗馬するような格好で出て来るのはいくら何でも格好良いものではないというか、陸上じゃないんだから水の抵抗で無理だろうというか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



Posted by y0780121 at 21:57│Comments(0)clip!洋画ア~サ行 | ★1