2019年05月24日

空母いぶき〜戦場のメリークリスマス2

1公式サイト。かわぐちかいじ原作、若松節朗監督。西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、片桐仁、和田正人、石田法嗣、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉、中井貴一、村上淳、吉田栄作、工藤俊作、金井勇太、中村育二、益岡徹、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市。何故か12月23日からに設定され、「戦場のメリークリスマス」状態に。
原作は中国の人民解放軍が尖閣諸島に侵入し、自衛艦が反撃するらしいが、本作では東亜連邦という架空の国によるこれまた架空の波留間群島の初島への侵入。「波留間」なんて波照間島みたいだけれど。
でも、撃沈した潜水艦から出て来たのは明らかに東洋人の顔。頭隠して尻隠さずの類か。
戦闘シーンは意外と一本調子の感を否めない。艦対空ミサイルやバルカン砲を撃つシーンがやたら多い。ドッグファイトもなく、やたら操縦士の両眼アップが多く、「おい、あんた誰?」と思う時がたびたび。「いぶき」の滑走用甲板ぶっ壊されてF35Bに乗った市原隼人、どうやって着艦するのかよく分からなかった。垂直着艦やるのかと思ったらなし。
連合艦隊」で特攻隊員を演じ、や「亡国のイージス」では潜入工作員を演じた中井貴一は今回はクリスマスプレゼントを配る呑気なコンビニ店員のお父さんを演じている。もう合わせて戦場のメリークリスマスだろう。もはやサラメシおじさんだから仕方ないか。うたた寝してふと気付いたら棚が空っぽで石油ショック時状態。「どうしたの?」って気付いて「戦争が始まる」から買い出ししている人々。艦上取材していた本田翼のスクープ映像で国民が知ったのだ。逆に言えばこのスクープ映像なければ官邸動かなかったということか。
話題になった首相役の佐藤浩市のトイレシーンは予備知識なくても特に気にならなかった。下痢とか言ってなかったし。(まさか急遽カット⁉)と言うか限りなくどうでもいい存在で益岡徹にああせいこうせいと尻叩かれる始末の優柔不断の権化。
憲法九条の問題も特に気にならない。そもそも「自分らを否定する憲法にぺこぺこするんだ」と叫んだ三島由紀夫の割腹事件から半世紀近くなっていて今更惰性の自衛隊なのだ。西島秀俊や佐々木蔵之介はそんなこと気にせず現場指揮官として当然過ぎることをやっているように見えた。
ただし、敵潜水艦にロックオンして確実に撃沈できるのに「150人が死亡する」からやめましたって、さすがに一体何?と思ってしまう。150人殺したら敵は怒り、本格戦争になるかららしい。おそるべき奇妙なハンディキャップ戦。やらなかったら自衛艦側に犠牲者出るかもしれないと言うのに。自衛官は人柱にしても致し方ない⁉ 西島の格好良さげな台詞ってそういうことかよ⁉。
今に始まったことじゃないがこんな緊急事態に呑気に侃々諤々の議論を戦わすシーンが多過ぎ。まあ、製作側にしてみれば観客に対する背景説明のつもりなのかもしれないが。逆に観客をバカにしてないか。
それに何だ。安全保障理事会の国の艦船が集結して敵は引き上げましたって。しかも中国艦もいるって⁉ 肝心の自衛艦にはそのことを知らせてなかったのか。この間抜け! 大体、この海域、米第七艦隊が急行できる筈なのに。日米安保条約なくなってたの⁉
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 22:41│Comments(0)clip!邦画ク、ケ | ★2