2019年09月06日

引っ越し大名!3

365786_005公式サイト。土橋章宏原作、犬童一心監督。星野源、高橋一生、高畑充希、山内圭哉、正名僕蔵、ピエール瀧、飯尾和樹、和田聰宏、岡山天音、松岡広大、富田靖子、中村靖日、矢野聖人、鳥越壮真、斉藤暁、丘みどり、向井理、小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博。江戸時代の大名、松平直矩の実話に基づく。松平姓と言えば、旧称松平元康の徳川家康直系ぽいので親藩大名の筈で、大名の中でもエリートと思いきや、外様扱いなのか。実は今はやりのLGBT関連とは。
そもそも江戸時代の武家社会には同性愛がはびこっていたらしい。実際、松平直矩にはその気があったらしい。その関係もあってか、窓際大名になったのかな。何せ、あの白鷺城と呼ばれる秀麗な姫路城主から九州の今の大分県の山奥にある日田城に国替えさせられるのだから。さらにさらに奥州の白河にまで飛ばされてしまう。あたかも白河夜船じゃあるまいし。島流しに近い。
実は直矩が主役でなく、読書家の片桐春之介(星野源)と剣豪鷹村源右衛門(高橋一生)の関係がメインストーリー。この2人の関係性も何となく何となくだ。春之介が於蘭(高畑充希)と結ばれた時の源右衛門のパニくりぶりと来たら。「先を越された!」と喚いているが、本心はそんな意味ではないのではないか。
何となく、10数年前のNHK大河ドラマ「武蔵!」も連想してしまった。何となく、佐々木小次郎ぽい人物が出て来るし、源右衛門と波打ち際で勝負するのも巌流島の決闘ぽい。と言うか一乗寺の決闘との合わせ技ぽいのだが。
家臣の一人、山里一郎太(小澤征悦)が15年かけて山地を段々畑と水田にしてしまうのは、その後の武蔵がお通と一緒に中国山地で田畑を耕すのと似ている。
原作者は「超高速!参勤交代」と同じなのでストーリー展開にスピード感がある。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 09:04│Comments(0)clip!邦画ヒ | ★3