2020年01月22日

リチャード・ジュエル2

003公式サイト。原題:Richard Jewell。原案:マリー・ブレナー、クリント・イーストウッド監督。ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ジョン・ハム、オリヴィア・ワイルド、ニナ・アリアンダ、イアン・ゴメス。何と言うか、イーストウッド監督の作品は時系列に忠実過ぎて見やすいと言えば見やすいが、そのためにワクワクドキドキがなくて退屈だ。本作も例外じゃなかった。
警備員のジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は1996年のアトランタ五輪当時、まだ30代なのにデブっとしていて40代に見えてしまう。どこにでもいそうな冴えないおっさんだ。恋人もいなさそうで母親(キャシー・ベイツ)と暮らしている。実際、糖尿病で心臓発作に見舞われ、44歳で死亡している。キャシー・ベイツはホラーでも何でもこなせる名女優だが、本作でもジュエル同様、おデブさんなのが笑えてしまう。
本来、ヒーローが似合わない人生だったようだ。そもそも、爆弾を発見して一時は国民的英雄に祭り上げられたのに間髪を入れずに容疑者扱いされたのも、もしや冴えない容姿が災いしたのかもと勘繰りたくなる。世間とはそんなもんだ。ちなみにアトランタ五輪で成果を点火したのは超ヒーロー、モハメド・アリだったのは皮肉な巡り合わせだったのか、こちらの考え過ぎだろう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 19:26│Comments(0)clip!洋画ラ,リ | ★2