2020年02月01日

AI崩壊2

004公式サイト。浜口倫太郎原作、入江悠監督。大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、高嶋政宏、芦名星、玉城ティナ、余貴美子、松嶋菜々子、三浦友和。オールスターキャストだけれど、我輩の大好きな広瀬アリスちゃんが凛々しく美しかった。
mainarisAI(Artificial Intelligence=人工知能)が暴走する物語なのに割と湿っぽい。AI崩壊の前にまず妻役の松嶋菜々子が“崩壊”し、病死する。こんなお😢頂戴のエピソードっているんだろうか。加えてあどけない女の子。プライベートな問題と社会的問題を混ぜ合わせるのは邦画によくある宿痾のようなものだ。
天才科学者(大沢たかお)vs.凡人官僚もある。「天才」というのはまことに便利な言葉だ。ところで何故あっという間に天才科学者さんが犯人扱いされ、逃亡犯になっちゃうんだろ。この時点でワケワカメだ。
もう一つの宿痾は、警察vs.民間というパターン。警察も独自のAIを開発していて、「お前ら俺たちを差し置いて」パターン。さらに警察の中でもエリート警察官僚(岩田剛典)vs.叩き上げ刑事(三浦友和)。岩田の銀縁眼鏡はステレオタイプの冷たいエリート官僚を現わしている。逆に逃亡中の大沢の黒いキャップはいかにもテロリストぽい。三浦はいかにもダサい身だしなみ。と言うか、三浦さん、えらく老けたなあ。
ことほど左様に、人物像の造形がステレオタイプ。いかにAIが暴走したのかという肝心の問題には深みがない。「行けえ!!」とか掛け声だけはけたたましいのは相変わらず。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



Posted by y0780121 at 21:37│Comments(0)clip!邦画A-M | ★2