高速道路新料金制度をめぐって、小沢幹事長と前原国交相のつばぜり合いが続く。

「前原君がどういうことを言ったか、どのような行動をしたか。私はまったく関心はない。興味もない」。定例記者会見に臨んだ小沢幹事長は、21日の政府と民主党の首脳会議での発言を“異論”と受け止められることに激しく反発。

「私がいちばん全国を回っていると思うけど、どこへ行っても、無料という前提で選挙を戦い、勝利を収め、政権を担ったのに、実質値上げという。そんなバカなことがあるかという声が充満しているし、幹事長室にも国会の常任委員会にもたくさん寄せられている」と強調。

閣僚以上に国民に接している結果として「そうした声が非常に強いという要望を申し上げただけ」と語った。

また、首脳会議で鳩山首相が「引き取らせていただく」と答えたことを想定してか、新料金制度に決着をつけるのは、前原国交相の役目とは言わず、「最終的には政府、突き詰めて言えば内閣総理大臣が決定すること」と、付け加えることを忘れなかった。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】馬淵副大臣「充分に説明すべきだったが」
ボディスキャナーのプレゼンテーション、国内からの参加は1社
【北京モーターショー10】東風汽車、ハマーのコピー車を展示
高速道路 新料金 特別編集
国土交通省 特別編集

真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(読売新聞)
元マラソン選手の松野明美さん、熊本市議に(読売新聞)
「桟橋方式」軸に調整へ=現行案修正、名護市長は拒絶-普天間(時事通信)
比例に元キャスター=みんな(時事通信)
震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査-内閣府など(時事通信)