赤松広隆農相は25日午前の衆院農林水産委員会で、宮崎県で感染が広がっている家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に関し「反省していないとは言っていない。結果としてこれだけ広がったことは申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と述べ、初めて自らの結果責任を認め陳謝した。自民党の谷公一議員の質問に答えた。

 半面、感染の拡大を防げなかったことについては「国、県、市町村が心を一つにしてやれたか。(殺処分した牛や豚の)埋却地についても、こちらは『とにかく早く埋めさせて』と求めたが(県などは)『(土地使用の対価となる)金の問題が片づくまで』と、少し認識が違っていた」と指摘。対応の遅れについては、地方側にも原因があるとの見方を示した。【行友弥】

【関連ニュース】
口蹄疫:「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示
口蹄疫:初動対応「問題ない」 赤松農相
TBS:裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で
口蹄疫:20万5000頭処分 政府決定
口蹄疫:宮崎で感染拡大 首相、農相に指示「スピード感大事」

殺処分20万頭超 政府が口蹄疫対策を決定(産経新聞)
<将棋>羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)
中小医療機関での医療安全で「院長のリーダーシップを」(医療介護CBニュース)
所得、昭和並み 547万5000円 国民生活調査(産経新聞)
阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)