Love! 宇川さん!!

2011年08月02日 09:13

8耐観戦@青山に行ってきました〜

スカパー@青山ウェルカムプラザ青山へ
8耐観戦に行ってきました〜。
8耐中継のを大画面で見られるというイベント
「Live in AOYAMA」でっす。

毎年恒例のイベントらしく
平たく言えば
大画面で衛星放送を鑑賞するイベントなのですが
今年は8耐男の宇川さんが出るトークっショー付き。
付け焼き刃的な予習も済ませ
電車で青山に向かったのでした。

ウェルカムプラザ青山は
半蔵門線の青山一丁目駅下車徒歩30秒。
超の付くくらいリッチな立地にあるホンダの総本山ビルなのでした〜。


続くのだぁ...
記事URL10コメっLove! 宇川さん!!レース
2011年07月26日 09:02
2011年07月13日 23:30

7月31日はウエルカムプラザ青山へGo?

今年も例年通り、鈴鹿8耐とは縁遠い夏
…をおくろうと思っていたのですが
もしかしたら8耐観戦に行っちゃうかもしれない今日このごろ
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

と、いうのも
Hondaウエルカムプラザ青山の
鈴鹿8耐生中継イベント「LIVE in AOYAMA」に
あの鈴鹿8耐最多優勝レコードホルダー 宇川徹氏がやってくる!
しかもトークショーとかやっちゃうことが判明。

うん、これはもう東京で8耐観戦だぁ
とばかりに、ちょっぴり盛り上がっているのです。
至極、個人的にw


とはいえ、
ここ最近耐久レースどころかMotoGP観戦すらしていないので
選手もマシンも全くわからんと言うのがホントのトコロ。
唯一知っていることといえば
エヴァンゲリオンレーシングのレースクィーンが増員されたことくらい(汗

というわけで、緊急企画
「付け焼き刃的 2011年鈴鹿8耐予習帳」をまとめてみようかと思うのです。
8耐観戦デートに誘われてしまった貴女に
8耐観戦で子供にちょっといいところ見せたいお父さんに
そして、Hondaウエルカムプラザ青山に観戦に行こうかと思っているアナタに贈る
7月31日に使える付け焼き刃的な鈴鹿8耐知識&うんちく。
ご期待くださいw

記事URL4コメっLove! 宇川さん!!
2009年06月03日 23:32

ひさしぶりに

久々に宇川さんをみますた。
…Youtubeで(汗

ホンダを退社し、結婚した〜という噂は聞いていましたが、
まさかレースに出ていたとは思いもよりませんでしたよ。

なぜか4輪。
しかもアルファロメオ(汗
そして、速い。


引退したレーサーの方々が必ずしも幸せな人生を送れるかというと
そうでもない人も多いっぽいです。
が、アルファロメオで激走する宇川さんはとても楽しそうに見えるでありました。

よかった、よかった。

記事URL0コメっLove! 宇川さん!!
2007年06月22日 23:57

唯一の公認グッズ…らしい(汗

昨日のネタを引っぱりつつ、
今日はグッズのお話です。

バイクグッズというとかなり多くの種類が発売されていますが、
レースやレーサー用の小物系となると…あんまり売っていなかったり(汗

そりゃぁ、ろっしふみ様クラスになると用品店でも売っているのですが、
普通はレース期間にツインリンクもてぎで買うとか、
モーターショーなどのイベントでしかお目にかかれなかったりします。

が、しか〜し
私の携帯ストラップはバイク物なんですよ(テヘヘ
しかも「超」貴重…かもしれない公認グッズなのです。

続くのだぁ...
記事URL1コメっLove! 宇川さん!!
2006年02月27日 23:59

記憶にも記録にも

宇川さん宇川徹選手が宇川徹さんになりました。
プロライダー引退だそうです。
今後はHONDAの社員さんになるそうです。

私がはじめて宇川さんのを知ったのはヘルメット。
バイクに乗るからにはシンプルにいこうと思っていたのにかっこよさにひかれてukawaレプリカ(8耐仕様)を買ったことからはじまりました。
といっても8ヶ月前のお話ですが(汗

8耐をテレビで見て、初めて走りを見ました。
師匠が大好きなこともあって、いろんな話を聞いて、走り方を見て…。
すっごい綺麗な曲がり方とすっごく身近な人柄に惚れました。

2005年の日本GPにはキャメルホンダから出場しました。
もちろん見に行きました。
はじめて見た本物の走りは本当にビビるくらいすごくて、緊張して、震えて…想像していたよりもはるかに速く、そしてやっぱりかっこよくコーナーを駆け抜けていきました。
運良くサイン会に滑り込みサインをいただきました。
急遽出場だったためパンフレットに宇川さんの項目がなく、失礼とは思いつつもCBRの広告ページにサインをいただきました。
でっかいCBRの写真がある広告だったのでこっちのほうに」と写真とかぶらないよう端っこにサインしてくれました。
しかも写真も(ホントはダメって言われてたけど)撮らせていただき、握手しました。
初めてあったけど、いい人だなぁって。

宇川さんといえばやっぱりミスター8耐でしょう。
前人未到の8耐5勝でワインガードナーの記録を抜き単独トップの勝利数。
今年こそは見に行きたかったのに。
去年の8耐、しっかりと書いていました。
あの表彰台の笑顔、とってもいいです。
なんか、こう、はじけちゃってるんですよ。
本当にうれしそうで、楽しそうに走るんですもん。
見てるこっちも楽しくなっちゃいます。

そしてThanks HONDAではお祭り男ぶり大爆発で、ウイリーで駆け抜けけまくり楽しませてもらいました。

そんな宇川さんは本田技研の社員さんになって、一般車両の開発をすることになったそうです。
バリバリのレーサーが開発しちゃうわけですから、きっとすばらしいマシンが出来上がるのだと思います。
ね、HONDAさん、期待しちゃうのですよ(笑

宇川さんのことですから、きっとプライベートでバイクに乗り続けてることだと思います。
あそこまでバイク大好きなレーサーはいないといわれるほどのバイク好きだそうで、オリジナルペイントのF4iとVFRはとても綺麗ですね。
ツーリングのどこかで出会えたら最高なんですけども…。

ってなわけで、これからもヤスコライダーは宇川さんを応援し続けます。
どこへ行っても、なにをしても、その人柄とあの走りは変わらないでしょう。
宇川さん語録に「自分は記憶にも記録にも残らないレーサーだ」という一節があります。
が、そんなことないです。
しっかり記憶にも記録にも残ってます。
そしてどこかの道のうえですれ違うことを期待しながら、走っていきます。
子供ができたときには(男の子限定ですが)いつの日にかバイクに乗せて、宇川さんの事も伝えていきたいですね。

あ、そうそう。
宇川さんファン必見のお店があるらしいです。
お店の名はTechnical LEGO
っていうか、ご来店しちゃってるし(汗
バイク屋さんのようなのですがキャメルホンダのカウルあり、8耐のレーシングスーツありと博物館さながらです。
もちろん売ってはいないでしょうけどね(笑
一度見に行きたいですね。
でも冷やかし客になっちゃいそうなので怖くていけないですけど(汗

 

宇川さんの略歴

宇川さんは1973年生まれの32歳。
10歳からポケバイをはじめ、1989年現チーム高武からロードレースへ。
1990年鈴鹿4時間耐久、91年には鈴鹿6時間耐久で優勝。
1993年、94年とHONDAワークスライダーとして参戦した全日本ロードレース選手権250ccクラスで連覇。
1996年ロードレース世界選手権(つまりWGP)250ccクラスに参戦。
1997年鈴鹿8時間耐久初優勝。
1998年鈴鹿8時間耐久2連覇。
1999年ロードレース世界選手権250ccクラス2位。
2000年鈴鹿8時間耐久3勝目。
2001年ロードレース世界選手権500ccクラス(今で言うMotoGP)参戦。[レプソルホンダ]
2002年MotoGPランキング3位。南アフリカグランプリで初優勝。[レプソルホンダ]
2003年MotoGPランキング8位。[キャメルホンダ]
2004年HONDAの開発ライダーとなる。鈴鹿8時間耐久4勝目。
2005年HONDA8時間耐久5勝目。ワインガードナーの記録を抜き単独トップの5勝をあげる。

 

本日のトラックバック☆

屋根裏部屋 様

続くのだぁ...
記事URL18コメっLove! 宇川さん!!
2005年11月14日 13:39

行っちゃうよ…Thanks☆

37b5f7e2.gif

来たる11月23日水曜日(勤労感謝の日)にツインリンクもてぎにてHONDA RACING THANKS DAYが行われます。
行っちゃいますよ、もうね。
だって宇川さんがくるんだも〜ん(はぁと)

他にも青山兄弟、高橋さん、清成さん、おまけにマルコメ君まで!!
四輪では佐藤選手をはじめ亜久里さん、ラルフファーマンまで!!

ものすごい豪華な面々です。

その上2輪4輪のマシンは大終結するし、カート大会・サイン会などのイベントもあるし…面白そうなのですよ。

チケットは予約済み。
前売りのクルマ用チケットなので、みんなで行きます。
とはいうものの、たぶん車はSUZUKIなんでしょうけどね(笑)

で、HONDAのサイトを見てて思ったんですけど、高橋裕紀選手と同い年だったのですよ。
しかも誕生日からすればちょいと年下(泣)
こんな同い年がいるなんて、おどろきですっ(汗)
しかも身長も私よりちょこっと大きいだけなのに、あんな走りができるんだもんなぁ〜。
すごいや、と思うと同時に、がんばれっと。

あ〜、もてぎまでの道のりがわからない…が、まぁいいか。
今からタイムスケジュールを立てなくっちゃ☆

記事URL8コメっLove! 宇川さん!!レース
2005年09月20日 14:25

MotoGPの思い出〜おみやげ編〜

皆さんこのレースウィークいかがお過ごしだったでしょうか?
もてぎにいっちゃった人も、お仕事でテレビ観戦した人もたくさんいるかと思います。
まだテンションが下がりきっていない“ヤスコ@気分はまだもてぎ”です。

さぁて、夢のような週末も終わり、なんか日常の流れにいまいち乗り切れていませんねぇ。
しかも雨が降りそうなので、バイクに乗れず(だって、ぬれるのヤダもん)。

なので家にこもって(バイトはあるけど)、週末を思い返してむふふっとしてます。
で、今日はおみやげの話(おみやげ話ではない)。

もてぎにいって買ったものって実はそんななくて、おみやげも2つくらいしか買ってません。

おみやげ2まずはこれ、恒例の限定キティーちゃん@レーシングバージョンです。確か480円。
あんまりかわいくない上に、そこまで面白くないという、びみょーな一品。
まぁ、限定ですから。





おみやげ1次に、MotoGPクランチチョコレート(缶入り)。600円。
これは缶がほしくて買いました。ペンたてとかにしたらかわいいかも〜。









priceless1そして、一番のおみやげ。
宇川さんのサイン入りパンフレット!!
もちろんプライスレスですよ(パンフ自体は1500円)。






priceless2見開き1ページ目、CBR1000RRのところにサインが!!
ちゃんと72って書いていただきました。
う〜ん、プライスレス。
私のお宝です。

おみやげはこんな感じです。
でも、目に見えないおみやげはもっとたくさん。
昨日たくさん書いたけど、書ききれないほどまだまだあります。
まだまだ興奮冷めやらぬ、私のレースウィークはいつまで続くのやら〜。
記事URL2コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年09月19日 02:59

MotoGPにいってきました〜。

初めてのレース体験、MotoGPに行ってきましたよ〜。
ホントレースってヤバい!!
ものすごく短い2日(がんばれば3日ともいうかな)でした。
すっごく長いですが、観戦レポートです。

9月16日

24:00
いよいよ出発…と思ったが、やっぱり友達が準備に手間取っているよう。
友人は仕事終わりから行くらしいので、金曜のフリーは行けませんでした、残念。
休日返上で連れて行ってくれるんだから、感謝しなきゃ☆
遅刻はいつものことだからいいんだけどね。
空耳アワーを全部見終わったころ、お迎えに来てくれました。

25:00
友達の友達のうちへ。
私は人見知りなので、初対面の人とはあまり話せないのですが、友達の友達(セブンくんとでもしましょう)がRX-7(もちろんFD)に乗っているらしいのです。
RX-7といえば私が一番ほしい車。これは話が合うかも〜。
会ってみると、セブン君はとってもいい人でした。
これは楽しく過ごせるかもしれないです。

27b4fdb4.jpgで、国道4号を北へ。
途中で食料(といってもお菓子とかばっかり)買って、ひたすら北上しました。
ちょっと眠くなって、でも寒くって、世間話に花が咲くって感じでした。

あまりにも寒いので、コンビニへよってあったか〜い飲み物&食べ物を買い込みました。
おでん、ピザまん…気分は冬を先取りですね(笑)

a9d02be9.jpg29:30
やっともてぎに到着です。ちょっと道に迷いました。
もう日は昇り始めてるし、起きてる人もちらほら。
テント張って、寝ます。友達とセブン君がテントへ、私はVIPに車で、羽毛のシュラフが気持ちいーです。
それではおやすみなさい。



9月17日

7:00すぎ
起こされました、見事に。
どーやらテント組の2人はよく眠れなかったらしいです。バイクやら、車やらの音が気になって。
昨日買い込んだ食糧のパンやおにぎりをほうばり、うとうとすること1時間ちょっと。
そろそろ場内へ出陣です。
駐車場に車を置いて、バスで移動。
レース場って広いんだなぁ〜と思いました。
入り口前にはMotoGPの看板がたくさんあって、い〜感じ。
だんだん気分が盛り上がってきたぞ☆

9:00
チケットゲートをくぐると早速甲高い音が!!
もう125ccのフリーが始まっているのですよ。
しかし、まずは会場をぐるりと一周。
各ワークスチームのブースに行き、旗をもらいました。
SUZUKIチームのところはきれーなおねーさんが旗を配っていて、にっこりと笑顔で旗をくれました。なんかうれしいですね。

M1YAMAHAのブースでは、なんとYZR-M1に乗って写真が取れる!!というので並んで乗っちゃいました。
見た目よりとってもコンパクト。R1よりぜんぜんタンクとか細いし、確かに足は届かなかったけど安定して走れそうでした。
市販車もこれくらいのポジションならいいのになぁ〜。というか売って(買えないけど)!!
で、なんかでかでかと書かれた看板があったのですよ。
「12:00〜トークショー」
しかもゲストにロッシが!!いるらしいのです。
これは見るっきゃない!!

で、次にHONNDAのブースへ。
見に行くなり広告らしきものを手渡されました。
その中には「18日16:00〜トークショー」
しかも宇川さんがスペシャルゲスト!!!
見たいよ〜。でもね、友達が仕事なんだよなぁ〜。
残念だけど今回は見れません。次回(来るかどうかわからないけど)には絶対行きます。
泣く泣く、CB1300にまたがり、HONDAのブースを後にしました。

ほかにもDUCATIもいったし、Kawasakiのブースでは中野さんってかっこいいかもとちょっと浮気心が…(汗)

10:00すぎ
会場MotoGPフリー走行を見に、スタンド入り(決勝日以外はほとんど自由席)。
その瞬間、圧倒された。
ちょうど最終コーナーとストレートが見渡せる位置に座った。
「おかしいよ、あの音、あの速度。絶対人間の乗るもんじゃないって。
 ライダーはみんなクレイジーだよ。宇川さんもクレイジーだよ。
 あんな速度のままコーナーに突っ込んでいくんだもん、絶対クレイジーだよ」
正直な感想はこんな感じです。
テレビで見てるのとはぜんぜん違う音、空気が裂けるような音と、速度。
呆然と口をあけたまま見てました。
一言で言えば、怖い。ものすごく、怖い。
コーナーが怖いのはもちろんのこと、直線も怖い。
前輪浮いちゃったり(俗に言うウィリー)、ちょっとハンドル取られたり。
何であんな速度で走れるのかっていうくらい、怖かったです。
ライダーの人って「もしこけたら〜」とか「曲がりきれなかったら〜」とかって考えないものなのでしょうか?
最後には自分が乗ってるわけでもないのに緊張で、とってもぐったり。

はじめてみた宇川さんは、とってもきれいにコーナーを駆け抜けていきました。
限りなくスムーズに、きれーなラインを描いて。
そして一瞬にして、加速。眩暈がするほどのブレーキング。
緊張して、ちょっと立てなくなりそうでした。
心臓が痛くなりそうです。

11:30
250ccのフリーを横目に(チラッとは見たけど)YAMAHAのブースへ。
もうすっかり人だかりができていました。
それでも何とか場所をGETして待つこと30分(とちょっと)。
トークショーの始まりです。
エドワース最初はコーリン・エドワーズの登場です。
なにやらゴキゲンらしく、Tシャツをプレゼント(変な機械で吹っ飛ばして)いました。写真よりもかっこいいです。

で、次にルーベン・チャウストニ・エリアスがやってきました。日本語しゃべって帰っていきました。

ロッシ01最後にやっと来ました。
バレンティーノ・ロッシ
やっぱりかっこいいです。思ったより華奢な感じだったけど。
もしかしたらこないんじゃないかとみんなで疑っていましたが、ちゃんと来てくれました。
笑顔がまぶしいよ〜!!



ロッシ02しかもバイクにも乗って、サインした帽子も投げちゃったりして。
うわさに聞くよりもいい感じ、そしてやっぱり本物はかっこいい☆(再確認)
ロッシ!!!!と叫んだつもり(実際は恥ずかしくできない)で、見送りました。

13:00くらい(?)
お店やら、屋台やらをふらふらと。
2人は加藤大治郎選手のシールを買っていました。
で、パンフレットを発見☆
とりあえず買っちゃいました。(表紙に惹かれたわけではないけど)

その後は、HONDAコレクションホールへ。結構歩きました。
中にはCBRとかゴールドウィングとかが乗れるように飾ってあって、ほかにもAIR WAVEなどもあったりして、とにかく広かったです。
3階にはレース車両が整然と並んでいました。
私がレースを見始めたのはつい最近のことだけど、有名な車両やその説明書きを見ているととてもわくわくしました。(特に宇川さんの乗ったバイクとかね)
そういえばRGガンマが飾ってありましたよ〜。

14:00
MotoGP公式予選スタート!!
1コーナーのすぐ横で見ていました。
さっきほどの緊張はなかったものの、まだ少し緊張気味。
音に圧倒され、ブレーキングに圧倒され。
ものすごい速度からあそこまで落とすのは、絶対できないな…と思ったり。
予選の結果や実況よりも、コーナーの侵入に夢中でした(汗)。
あんなに近くで神業が見れるとは。
結果も大事だけど、目の前で起こっている事実のすごさときたら、ヤバイ。
宇川さんは途中で転倒してしまい、残念ながら15位だった。
ロッシもあまり振るわず、意外だったのがカピロッシがポールポジションを取ったこと。
まぁ、走ってる最中はよーく見てないと誰が誰だか(宇川さん以外は)わからなかったのだけれども。

15:00すぎ
250ccの予選を見ました。
うちのガンマちゃんと同じ排気量ながらもやっぱり別物。
たぶんそこら辺のスーパースポーツよりも速いいんじゃないかっていうくらいの動き。そしてOILの燃えるいいにおい。
台数が多い分ちょっと怖いけど、音が甲高いのでそこまで緊張はしませんでした。

16:30
サイン会があるらしいのでいってみるとものすごい人の列。
30分しかないから無理だろうなぁ〜と思って、横から覗いてみると、どうやらMotoGPのライダーが全員来るらしい…予想外でした。
何人か来て終わりだと思ってたのに〜(泣)
宇川さんも来るなんて、しらなかったよ〜ぉ。
が、よーくみてると誘導が適当すぎる!!
で、早速スタート!!と思ったら、みんなロッシのほうへ流れていく。
テーブルの逆端は案外人が少ない…これはチャンスです!!3人で走り出しました。
で、並んでみるとなんと前から10人目くらい。運がいいかも〜。
これは占めた〜と思うと同時に、何にサインしてもらうんだろう?と。
おっ、パンフレットがあるじゃん…でも載ってないじゃん(泣)
そうです、急遽出場することになった宇川さんは乗っていないのですよ(泣)。
で、結局無礼を承知で、表紙を開いて1ページ目のCBRの広告のページにサインしてもらっちゃいました。
宇川さんは「ここらへんにしますね」といって遠慮深く端っこのほうにサインしてくれました。もちろん「72」と。
そして快く写真も取らせてもらって(しかもとってもいい笑顔)、握手した手はとても大きく、暖かく感じました。
ものすごいいい人だ〜、宇川さん。ますます大好きになっちゃいましたよ〜。宇川さんサイン






でこのまま車まで歩いて帰りました。
もう、心臓バクバクで、ちょっと痛かったです。
ずーっと握手した手の感覚が残っていて、なんだかうれしいような恥ずかしいような気がしてました。そしてなぜか泣きそうでした。

その夜
まず車の中で今日一日を振り返って、ニヤニヤしてました。
で、日も傾いてきたので、お風呂に入りにいきました(ホントは行きたくなかったけど)。車で30分くらいのところにある温泉(?)で、夕飯もそこで食べました。友人は○○○(きのこの名前)のそばを食べていました。名産らしいです。人がいっぱいで、あんまりリラックスできませんでした。帰りにコンビニによってすっごいでっかいプリン(直径10cmくらい)を2人は買ってました。
で、また駐車場へ戻ると、空き地だったところにはテントがいっぱいになっていました。しかも、車を止めておいた隣には、つよそーなセリカ(しかもGT-Four)が!!
まぁ、気にせず車にこもって…プレステをしました。しかもMotoGP3。
なぜかプレステなのかは不明(笑)
みんな眠かったので、早めに就寝。もちろんプリンを食べてから。



18日

7:00
今日ももちろん起こされました。
みんな起きるの早すぎです。やっぱりライダーにはなれないかも(泣)
朝ごはんは(2日前に買った)パン。
一通り車やバイクが出て行くのを1時間近く待ってから、いよいよ出陣。
今回は車ごと出発して、観戦席の近くに車を止めておこうという作戦です。
が、やっぱり決勝日、車も人もあふれんばかりで、ちょっと作戦とずれたところに駐車してしまいました。

9:00前
渋滞を抜けてやっと車から降りるとなにやらいい音が!!
もう125ccのフリー走行が終わりかけてました。
250ccを見て頭と動体視力のウォーミングアップ。ちょうど一番きついコーナーのところで見ていました。

9:45
いよいよMotoGPのフリー走行開始です。
昨日間近で見た宇川さんが目の前を駆け抜けていきます。
もう、感動2倍って感じで、すごいです。
ほんとにきれーに曲がっていくのですよ、すっごい速度から。
一気にブレーキかけて、車体を倒して。
見とれるってまさにこのことですね。
走ってるとこ01走ってるとこ02





フリー走行が終わると、まったりとピットに戻っていくライダー。
その中で、手をあげてくれたり、振ってくれたりとなんかとってもいい感じです。

11:00
決勝にむけて場所移動。バックストレートのあたりへ。
そのまま125ccのレースを途中まで見るものの…誰が誰かまったくわからず。
そしてチームもよくわからず…。
しかも暑さも重なって、もうダメかも…。
というわけで買出しへ出発。
と、歩いている途中で大クラッシュ発生!!救急車が飛び出していきました。
しかもバイクバラバラとかって実況されてるし…そんなに大事にならずに済んだみたいだったんですけどね。

その後はお店のあたりをうろうろ。
途中で1人はぐれちゃったりして、今回もレース場限定キティをGET。
牛串お昼はもてぎ名物の牛ステーキ串。
やっぱこれだけ暑いとスタミナもちませんねぇ〜。そんなときにはぜひ肉をお試しください。


といってる間に250cc終了。
外に置いてあるテレビみたいので見てました。
日本の国歌演奏。青山さん優勝おめでとうございます。

13:00
いよいよMotoGP決勝。
その前になんか走って来るんですよ、2人乗りのものすごいのが。
絶対なんなタンデムしたくないなと思うような速度でコーナーに突っ込んでいく。
それが行ったと思ったら、ものすごく速いBMW&NSXのセーフティーカー。
やっぱりこの空間おかしいかも。

で、気を取り直して…さらにイベント。
ツツミの演奏です。なんかマイクを通してだと音が…しょぼい。

14:00前
今度こそ本当にスターティンググリッドへつく選手たち、緊張MAX!!
ついにスタート。エンジン音が近づいたり、遠ざかったり。
一瞬のバックストレート。
本当に一瞬で駆け抜けていく色とりどりのマシン。
そして気と際輝(いて見える)く黄色のマシンと青いヘルメット。
昨日目の前で握手してくれた人があんな速度で走ってるよぉ!!
と、どきどきしながら次の周回を待つ。
またエンジンの轟音が響き、一瞬で消えていく。

あれ?宇川さんだんだん離れていってるかも…(汗)
と思ってたら、PITへ。
宇川さ〜ん(泣)
友人はふてねしちゃいました。
勝負って厳しいですね、ひとつの不具合がすべてを巻き込むから。
でも、この場にいれて、走りを見れてよかったと思う。
やっぱりきれいな走りだってこの目で見て、納得できたから。

と、この後は波乱でいっぱい。
中野さんはエンジントラブルで、止まってしまい、私たちの目の前をバイクのタンデムに乗って手を振りながら去っていきました。
一番悔しいのは本人のはずなのに、手を振ってくれる中野さんは、とってもかっこいい(もちろんいろいろな意味で)。
その後も転倒や、コースアウトが相次ぎ、ロッシまでも…。
波乱含みの決勝戦。

時間も気になるので、早めに撤退しました。
コース脇を車に向かって歩いていると、チェッカーフラッグの声がかかり、ロリス・カピロッシが悠々と走っていくのが見えました。
この波乱の中優勝したカピロッシに拍手です。そして手も振っちゃいました。

15:00
車に戻ると、ここからが私たちの戦いの始まりでした。
タイムリミットは18:00。それ以上遅くなると、友人は会社に遅刻です。
が、みんな考えることは同じで、混む前に帰ってまえと。
ツインリンク内で大渋滞。敷地を出るまでに30分はかかってました。
敷地を出てからも国道で大渋滞。県道でも大渋滞。
で、半分を過ぎたところでもう17:00。
普段は温和な友人がプッツンしちゃって、国道をすり抜けていきました。
もちろん道交法に引っかかってるはずです(見つかれば)。
別の意味で、心臓が痛くなりました。
ホント、お願いだからもう無茶はしなでください。

18:00
ぎりぎりで到着。
友人はバイクに乗り換えて、仕事に向かいました。
でも本当は宇川さんのトークショーがものすごく見たかったっぽいです。


この3日間は夢のようでした。
バイクがあんなにクレイジーなものだとは知らなかったし、あんな動きをするものだとも知らなかったです。
初めて目の当たりにした世界レベルは、明らかにおかしい。速度も、音も、においも。
でもそのマシンを乗りこなすのは人間であって、機械じゃない。
整備するのも、作り上げるのも人間なんだなぁって。

選手一人一人の優しさと強さに感動しました。
宇川さんや中野さんやロッシや選手全員のすばらしい未来を願っています。

そして宇川さんに出会えて本当によかった。
これからも大好きでいつづけたいと思います。
あの走り、あったかい笑顔は忘れないでしょう。

バイクに乗っててよかった。
そしてもっとうまく走れるようになりたいです。
この3日間はたのしかった!!
連れて行ってくれた友へ、セブンさんへ、宇川さんへ、選手の皆さんへ、キャンギャルのおねーちゃんへ、チームスタッフ・メカニックの皆さんへ、コースマーシャルの皆さんへ、主催者・スポンサーの皆さんへ、ありがとうございました。

また行きます、絶対に。
記事URL5コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年09月16日 23:42

そろそろ行きま〜す

一足遅れて、もてぎに出発でございます。
携帯電話も無事買えたので、モブログできるかもです。

何はともかく、ちょーこーふん☆
テンション上がりまくりですよ〜。

早く宇川さんみたいよー。
走ってる姿みたいよー。

う〜、考えただけでもどきどきしてきました。

すでに会場入りしてるみなさん、会場でもしお会いできたら気軽に声でもかけてやってくださいな☆
これから会場に行く皆さん、安全第一で行きましょうね☆
…っていっても顔わからないですよね(笑)

それでは、もてぎで会いましょう☆
記事URL0コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年09月13日 23:59

だ、だ、だ、だ、大ニュース!!!!

c2b20575.jpg大変です!!
大ニュースが舞い込んできました!!!

な、なんと、宇川さんが今週末の日本GPに出るらしいのですよ!!!!!

公式ページのニュースによると、「負傷したトロイ・ベイリスの代役として、今週末の日本GPで宇川徹がキャメル・ホンダで走る」とのことです。

興奮倍増!夜も眠れない状態です!!
初めて見に行くレースに、大好きな宇川さんが出るなんて!!!
早くもテンションうなぎ上りですよ☆
すっごく浮かれてます。そして興奮してます。

読みにくい文書になってしまって、ごめんなさい。
でもこの興奮は、抑え切れませんよ〜。
いっちゃいますよ〜、MotoGP!!
遠足の前の日の小学生のような気分です。
今日はホントに寝れないかも。


本日のトラックバック☆
タンデマーサイド☆
ノリの大人少年日記2
記事URL10コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年09月04日 22:07

HRC?

HRCヤスコ@最近HONNDAに片思いです。

よくバイクとかにシールで張ってあるHRCの文字。
実はよく知らなかったんですよ。
で、一つ調べてみることにしました。

HRCとはHonda Racing Corporationの略で二輪車世界ナンバー1のシェアを誇るホンダの子会社です。
主にレース用部品や、車両などの販売をしていてMotoGP(WGP)などへの出場しているチームへ、ワークスマシンを提供しています。

ものすごいでかい会社みたいです。
抱えてるチームは
Repsol HONDA
TEAM HRC
SEVENSTAR HONDA
などもちろん宇川さんもHRCのチームの一員なのですよ。

やっぱりすごいぞHRC。
あのマークは只者じゃなかったんだ…。
続くのだぁ...
記事URL4コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年08月30日 03:08

ロッシの年俸、宇川さんの副賞

0481a175.bmpお友達(でいいのかな?)paniさんのサイトを見てたらおもしろ記事発見!!

ロッシの収入は$2800万だそうですよ!!
すっげー。日本円にして30億円くらい!!
一生働き続けても稼げないっすよそんなお金。
だって「うまい棒」が3億本買えちゃう。
1日1本ずつ食べても821917.2年も食べ続けられちゃうほど!!。
そんなにいらないかも…。

やっぱりレーサーはすごいなぁ。

そういえば以前たらこさんの屋根裏部屋で8耐の副賞のお話をしてらっしゃいました。

8耐優勝の副賞はなんとコカ・コーラ1年分だそうですよ!!
宇川さんそんなにのめるのかなぁ〜とか思ってたら、365本分の商品券をもらえるそうです。そりゃ、一気に飲みきれないっすよね。

レーサーって大変だなぁ。


たまにはレースをこんな角度で見てみるのも、面白いもんです。
記事URL2コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年08月16日 23:09

セブンスターを買ってみた

2005セブンスター昨日(っても日付け変わってたから今日か?)のお台場のセブンで、買っちゃいましたよ、セブンスターレーシングプレミアム。
ま、要は限定のパッケージのセブンスターライトなんだけど。

だいぶ前に地元のセブンで売ってるのを見たんだけど、そんときは買わず。
たまたま見つけて買っちゃいました。
吸わないけど。

なんかいいよね多分このまま開けないで、部屋のインテリアになっていくんだろう。
だって宇川さん優勝だもん。
でも去年のパッケージの方がかっこよかったりする。
←これが2004年バージョン。

なんでも首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)と三重県限定発売らしい。
2005年7月16日〜22日の間に発注した分のみこのパッケージで、約1,000万本の出荷しかないらしい。
そう考えるとなんか貴重な気がしてきた。
よ〜し、開けないで大切にするぞ。
記事URL6コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年08月11日 20:25

やっと8耐を見た

068d4741.jpgやっと8耐を見ました。
録画放送の録画だから、だいぶ遅れたけどね。
8時間耐久なのに放送時間は55分。縮めすぎだよ!!って思うのは私だけ?
しかも、レースの周りのイベントなんかを映してる時間があるからさらに短いっ!!

でも初めて見た8耐はよかった。
まずあのスタートのダッシュ。
ヘルメットかぶって、あのカッコで全力疾走だもん。
真剣だから笑っちゃいけないんだろうけど、ちょっと面白い。
清成さんすっげー早いんだもん。ひときわ飛び出てきたって感じだったもん。

あっという間に1時間ワープ。ホント一瞬しかやらないもんね。
で、ピットへ。
ちょー速いよピット作業。
タイヤ替えて、ライダー交代して、給油。
ライダー交代の時、なんか2人で話してる姿がほほえましい。
あっという間に宇川さんが走っていく。やっぱりきれいな走りやね。

ずらずらっとそのまま流れて、その間にリタイヤしたり、転倒したり。
ピットで煙りあがっちゃったりもした。

それでも8時間走り続けた選手、チームはすばらしいね。

で、あっという間の8時間(55分か?)
結果は知ってたんだけどね。
セブンスターホンダセブン優勝なわけで。
宇川さんのすっげー嬉しそうな表彰台姿、かっこいいね!!
来年は生で見に行きたいなぁ。
そしてあの最後の花火を見るんだ〜ぃ。
待ってて宇川さん、優勝の喜びを分けてもらいに行くからね!!
記事URL1コメっレースLove! 宇川さん!!
2005年08月04日 05:11

ヘルメットだって、宇川さんLOVE!!

73d16945.jpg宇川さん新記録おめでとう!!(遅すぎ)
8耐の記事を書いて以来、いろいろな人と知り合うことができました。これもひとえに宇川さんのおかげ(?)なのかな〜。

さて、今私が使ってるのがこのヘルメット。SHOEI X-Eleven UKAWA TC-5です。8耐の時宇川さんがかぶっていたののレプリカモデル。かっこいいでしょ?
例の先輩このヘルメットを買ったのは宇川さんモデルだから…というわけではなくて、見た目にホレたから。例の先輩が赤いの持ってて、かっこよかったんだけど、赤はちょっと。ガンマの色に合わないなぁと思ってたら、超かっこいい色があった。デザインもいいし、色もいい。で、この8耐仕様に落ち着いた。

もちろん買ったのはキャプテン@春日部。しかもちょうど良くセールだったし。それでもけっこう高かった気がする(苦笑)。まぁね、模様入ってると高いみたいだし。そこはかっこよさを求める代償だから。せっかくなら本当に欲しくて、いいもの買いたいから。

使ってみると、なかなかしっくりくる。軽いから女の子でも疲れないかな。
あと、ふらふらしない。高速道路とかでけっこスピード出しても、首がぶれない。車線変更のときとか、後ろ向いても揺れない感じがいい。

教習所に通っていた時は確かZENITHのジェットヘルメットだったなぁ。コケまくってボロボロになってるけど。やっぱりフルフェイスに比べるとちょっとぶれる感じがするけど、かぶるの簡単だし、前を開ければ涼しいし、近距離ならいいかなぁって。でもツーリングとか高速走行するときはやっぱりフルフェイスがいいかな。

やっぱりバイクに乗るからにはかっこよく乗らなきゃ。
足元スニーカー、ヘルメットは宇川さん。
で、ジーンズ
次はジャケットがほしいなぁって思ってるけど、どこも売り切れなんだよね。
ちなみに欲しいのはコレ(の黒)。
欲しいものはきりがないっ!!
記事URL4コメっLove! 宇川さん!!バイク用品インプレ
2005年08月01日 12:55

8耐!!

2005鈴鹿8耐
宇川さん優勝おめでとう!!
って全然見れなかったんだけども。(だってwowwowしか中継しないんだもん)
やっぱり強かったね、HONDA。
今年で32歳の宇川さん、思ってたより若くてビックリ。なんかベテランみたいにいわれてるからもっと年上かと思ったよ。

セブンスターホンダやっぱりかっこいいね、あの走り。うちの師匠(CBR1000RR乗り)に言わせると宇川さんは教科書通りの走りなんだって。だから走り方がキレイだって。でも、1位になっても目がはなせない。ロッシなら1位になったらほとんどそのままゴールだけど、ほかのライダーはそうはいかないから。

何はともかく宇川さん優勝おめでとう!!
今年もいい走りをありがとう。
そして来年も楽しませてね。

ちなみに、うちのヘルメットは宇川さんの8耐モデルだよん。
記事URL2コメっレースLove! 宇川さん!!

ヤスコライダーの中の人
ヤスコ
元ガンマ(VJ23A)乗り、現CBR600RR(改)&KSR80&C400SB乗り。最近あんまり積んでいないので元積載女王(あくまで自称)。

買っちゃいました、新車…ボルドール。今シーズンは涼しげに走れそうな予感でっすw

メッセージ送っちゃう?

バイクの疑問、ネタ…なんでもござれ〜。 各種ツッコミもお待ちしておりまっす。

名前
本文
コメントいただきました!
月別アーカイブ
記事検索
過去に描いたものシリーズ
CBRで行く、初夏の北海道ツーリング。
走りに走った10日間4571kmの旅は、美味い物三昧の旅。
道北&道東メインとなっておりまっす。


CBR兄弟が行く、GWの九州まるごとツーリング記。
観光名所&グルメもはずせない、地獄めぐりから超絶国道まで。
まるっと九州攻略+α本w


師匠のメインバイク=KSR-2で走った、最も無謀なる旅。
極寒×年越し北海道ツーリングのすべてがこの1冊に。
装備や基本知識、準備から珍道中までをもれなく収録。


上へ 下へ