ヘーゲルの「選択」は、「調和」的であるが、その時に、「観念」的方法を用いる、あるいは、「観念」的方法自体を検討する。「観念」的方法を用いることは、「臆見」が為せる業である。そして、それは状況論的であるが故に、存在論的になり、思考自体の表現が実現され、思考が「比喩」として表現され、観念を越える領域を作り出し、「自由」の問題を引き起こしている。<アドルノによる、ヘーゲル http://blog.livedoor.jp/y11269/archives/2418361.html>

 「臆見」後、すなわち、すでに、「臆見」が「比喩」である場合、役に立たない場合を考える。例えば、レヴィナス(http://blog.livedoor.jp/y11269/archives/2823393.html)の「選択」は、「通念」的である。しかし、その分、「アピール」的方法である。

しかし、「通念」には、「強制」力が伴い、絶えず、「場」が、具体的に、「選択」される。「場」における、「規則」を作り上げる。

観念的世界において考える。「観念」論を方法論とし、「観念」論を論じる対象にするなら、何故、「世界」は、変わるのか。レヴィナスの「選択」は、「調和」的→「現象学還元」の方法を用い、「倫理」的でしかなく、未だ、「世界」に、「懐疑」的である。これは、「自由」を礎にする思考ということになる。

 そして、フッサール、やポストモダン、ラカン、サルトルは、科学的な選択ということができる。両者の哲学には、科学的な知が、繋がるのである。科学哲学は、既にある知を前提にしている。

続きを読む