広畑裕一郎の活動レポート「がむしゃらストーリー」更新中。
http://blog.livedoor.jp/y16_hirohata/archives/cat_95348.html

過去のものはこちら↓
http://www.ononet.jp/~y16/dayori.html

28年9月議会一般質問録画中継(廿日市市)


   9月議会にて、私が行った一般質問が録画配信されたのでUPします。
 
  ありのまま、文書にすると膨大になるので、時間のある時、録画をご覧いただければ幸いです


img_01big













 1件目 人口減少対策の目標値について
             (自治体は不都合な現実を直視したくないようです)

 2件目 自治会などがおこなう、こどもの居場所づくりについて
             (今ある制度で対応できるとの説明??!)

 3件目 資源ごみ持ち出し禁止条例の制定について
            (ようやく具体的に動き始めます)



9月議会一般質問録画配信(クリックしてください)

 なお、1件目の再質問において、26億円減少するのは法人税ではなく住民税の誤りです。
 (当日の本会議で、発言の訂正をしました。)










28年9月議会一般質問③「自治会等の子育て支援について」

9月定例議会が9月13日に開会します。
今議会、私は3件の一般質問を通告しましたのでお知らせします。
 
3件目は、自治会などのこどもの居場所づくりについて。
 
質問日は、9月14日(水)午前9時30分頃から~
傍聴に、お時間が許せば、ぜひ越しください。
質問の要旨は、下記の通りです。

13466429_1016135508504123_3335110633000449845_n[1]






















   
 [質問要旨]

  共働き世帯が増え続ける中、育児休業取得の停滞等、職場における育児に対する環境整備が進んでおらず、仕事と子育てを両立するには厳しい環境が続いている。
 このように家族形態が変化している中、核家族化や地域との関係が希薄化し、子どもをめぐる課題は複雑かつ深刻化している。

 これらの課題の対策の一つに、地域社会全体で子どもを見守り支える子育て活動を支援していくことが必要であると言われている。
 
 このような背景の中、一部の自治会などの有志が、平日の放課後や休日に子どもの居場所づくりに
取り組んでいる。集会所などでボランティアとして、勉強や工作など、いろいろなメニューを提供し子どもたちと一定の時間を共有している。

子どもたちは、勉強に集中する時間の確保や、昔遊びなどを継承することにより、地域への愛着が生まれているようである。保護者からは、子育てに地域の人が関わることで大きな助けとなっていると聞いている。地域からは、子どもたちや親が地域に溶け込む機会となることで三世代の連帯感が生まれ自治会のイベント参加者が増え、さらに将来地域を担う人材が育ちつつあると感じていると聞いている。

廿日市市子ども・子育て支援事業計画では、将来像を「つながり支えあう子育てのまち、はつかいち」として様々な取り組みをしているものの、自治会などが行う地域の子育て支援、また、居場所づくりに対する助成制度は無い。

 内外に浸透しつつある、「子育てしやすいまち廿日市市」の実感を更に深めるためにも、市は、積極的に子育てに地域の人が関わり、地域で子どもを見守ろうとする自治会などの活動を支援する制度を創設すべきと考えるがどうか。



 

平成28年9月議会一般質問②資源ごみ持ち去り禁止条例の制定について(廿日市市)

9月定例議会が9月13日に開会します。
今議会、私は3件の一般質問を通告しましたのでお知らせします。
 
2件目は、資源ごみの持ち去り禁止条例について。
 
質問日は、9月14日(水)午前9時30分頃から~
傍聴に、お時間が許せば、ぜひ越しください。
質問の要旨は、下記の通りです。

keihatsu_plate[1]















     [質 問 要 旨]


 市は、本年度から分別徹底の啓発によってごみの減量化に取り組むとして、減量化、資源化の重要性を市民に理解してもらうため、ごみの分け方早見表改訂版の作成や、ゴミ相談会、出前講座などにより啓発活動を進めている。

 しかし、その一方で、ごみステーションなどから、指定事業者以外の者による資源の持ち去り行為が後を絶たないとの声が多い。

  資源の持ち去り行為は、市民のリサイクル意識や行動に水を差す行為であり、見過ごすことはできず、市民にごみの分別徹底を求めるからには何らかの対策を講じるべきだ。

 全国の多くの自治体では、循環型社会を形成する政策の一環として、資源ごみ持ち去り禁止条例などを制定することにより、持ち去られる量が減り効果を上げていることから、本市でもこのような条例を制定すべきであると考えるがどうか。

ギャラリー
  • 28年9月議会一般質問録画中継(廿日市市)
  • 28年9月議会一般質問③「自治会等の子育て支援について」
  • 平成28年9月議会一般質問②資源ごみ持ち去り禁止条例の制定について(廿日市市)
  • 28年9月議会一般質問①人口減少対策の目標値について
  • がむしゃらストーリー29号発行
  • がむしゃらストーリー29号発行
  • 28年6月議会一般質問録画配信(廿日市市)
  • 平成28年6月議会一般質問③宮島口周辺の渋滞対策について(廿日市市)
  • 平成28年6月議会一般質問②避難所整備について(廿日市市)
  • 平成28年6月議会一般質問①空家対策について(廿日市市)
最新コメント
記事検索
プロフィール
QRコード ケータイにもぜひご登録を!!
QRコード
  • ライブドアブログ