広畑裕一郎の活動レポート「がむしゃらストーリー」更新中。
http://blog.livedoor.jp/y16_hirohata/archives/cat_95348.html

過去のものはこちら↓
http://www.ononet.jp/~y16/dayori.html

2018/6一般質問録画配信(廿日市市)

  30年6月議会の一般質問が録画配信されました。
ありのまま、文書にすると膨大になりますので、お時間ある時に、ご覧いただけると幸いです。

 2018/6一般質問録画配信
  (クリックして下さい)

FullSizeRender (9)











(質問の内容)
➀骨髄提供者(ドナー)の助成制度について
(県の助成制度が廿日市市民も利用できるよう、早急に市の助成制度を整備すべき。)

➁深刻な中小企業の人手不足について
 (中小零細企業の人手不足が深刻化する中、市はどのように認識し、自治体として何が出来、どのような支援を行い、今後どうしていくのか。)
 
➂災害時の業務継続計画(地震対策編)について
 (市は3月に南海トラフ巨大地震を想定した計画を示したが、代替庁舎に津波、液状化など本庁と同じ危険性がある廿日市消防署を第一順位とするなど得心がいかない。市民の生命、身体、財産を保護し被害を最小限にとどめるための計画としているが本当に大丈夫か。見直しの必要あり。)
 



2018/6一般質問録画配信

平成30年6月議会一般質問


 6月12日から6月定例議会が始まります。
 今回、私は3件の一般質問を行います。
 
 質問日 6月14日(木)午前11時頃から
 
 場 所 廿日市市議会議場(市役所本庁隣)

お時間許せば、傍聴にお越しいただければ幸いです。

(質問の内容)

➀骨髄提供者(ドナー)の助成制度について
(県の助成制度が廿日市市民も利用できるよう、早急に市の助成制度を整備すべき。)


➁深刻な中小企業の人手不足について

 (中小零細企業の人手不足が深刻化する中、市はどのように認識し、自治体として何が出来、どのような支援を行い、今後どうしていくのか。)
 

➂災害時の業務継続計画(地震対策編)について
 (市は3月に南海トラフ巨大地震を想定した計画を示したが、代替庁舎に津波、液状化など本庁と同じ危険性がある廿日市消防署を第一順位とするなど得心がいかない。市民の生命、身体、財産を保護し被害を最小限にとどめるための計画としているが本当に大丈夫か。見直しの必要あり。)
 

   

がむしゃらストーリー34号発行

平成30年3月議会の一般質問などを中心に議会レポート、がむしゃらストーリー34号を作成しました。
 
お時間ある時、ご覧ください。(紙面クリックで大きく)

34号PDF_000001












34号PDF_000002

















ギャラリー
  • 2018/6一般質問録画配信(廿日市市)
  • がむしゃらストーリー34号発行
  • がむしゃらストーリー34号発行
  • 廿日市市H30年度樹木葬、合葬墓地の整備決める
  • 2018/3月議会一般質問録画配信(廿日市市)
  • 平成30年3月議会の一般質問を通告しました
  • がむしゃらストーリー33号発行
  • がむしゃらストーリー33号発行
  • 平成29年12月議会一般質問(録画配信)
  • 12月議会の一般質問を通告しました。
最新コメント
記事検索
プロフィール

広畑裕一郎

QRコード ケータイにもぜひご登録を!!
QRコード
  • ライブドアブログ