18日付で就任した池田克彦第88代警視総監(56)が同日、記者会見し「警察はつらい目に遭う人の助けになるのが使命。『正義の力、警視庁』をモットーに、治安確立に努めたい」と語った。
 最近の犯罪情勢について「質が変わった。振り込め詐欺で何もしていない人が被害に遭い、全く無関係の人が殺される。安全な所にいる人が被害に遭う」と指摘。「平穏に暮らしている人を平穏に過ごさせる対策をしたい。地域警察の強化が必要だ」と述べた。
 今年、時効を迎える警察庁長官銃撃、八王子スーパー3人射殺両事件に関しては「何としても解決に向けて頑張りたい」と表明した。
 これに先立ち、米村敏朗前警視総監(58)も会見し「犯罪抑止、振り込め詐欺、交通死亡事故抑止などの対策で、皆さまのご協力で一定の成果を上げられ、心から御礼申し上げる。警察活動で一番必要なのは、国民の思いをしっかり胸に留めて仕事をしていくことだと思っている」と振り返った。 

【関連ニュース】
詐欺被害金返還名目で送金要求=「預保と関係」かたる団体
警視総監に池田氏=米村氏が勇退
振り込め詐欺、携帯が感知=だまし文句認識、警報音
振り込め被害、3分の1に=窓口対策強化で未然防止

FOMAで通信障害(産経新聞)
「改正著作権法」周知キャンペーン 大賞決まる(産経新聞)
<人事>法務省(18日)(毎日新聞)
小沢幹事長 厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
日赤医療チームなどが現地へ=ハイチ地震-成田空港(時事通信)