千葉県袖ケ浦市は6日、市内の医療機関で麻しん・風しんの個別予防接種を受けた中学1年と高校3年の生徒4人に対し、有効期限切れのワクチンを接種したと発表した。医療機関での確認ミスが原因で、健康被害は確認されていないという。
 同市健康推進課によると、市から予防接種の委託を受けた1医療機関で、有効期限が2月18日のワクチンを3月2日と6日に使用した。4月2日、予診表を整理していた医師が気付き、市に報告。同日保護者に謝罪した。 

【関連ニュース】
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言
食道に気管チューブ=口内洗浄後、入院患者死亡

私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額-鳥取知事(時事通信)
振り込め詐欺被害防止に向け 埼玉県警が銀行で“抜き打ちテスト”(産経新聞)
埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台-JR東(時事通信)
山中に犬の死骸100匹=ペット処理業者、不法投棄か-埼玉(時事通信)
長野・王滝川の人骨、友人救助で飛び込んだ学生(読売新聞)