ヌサドゥア地区のホテルに宿泊すると、
夕食のレストラン探しに意外と苦労する。

ホテル内のレストランで食べても良いんだけど、
かなりお高くつくし、せっかくなら地元の色々な店に行きたいところ。

というわけで、2日目夜に行ったのがアートカフェ・ブンブバリ。

そもそもヌサドゥアとタンジュン・ブノアにブンブ・バリという老舗のバリ料理店があり、
そのオーナーの息子さんのマネージメントで昨年11月に新装オープンしたのが
アートカフェということらしい。


到着すると、店員さん全員から一斉に「スラマ・マラム!」(こんばんわの意味)と
大きな声で挨拶され、耳に花を飾られる。
これはブンブ・バリと同じおもてなし。


席はエアコンの効いた室内と野外の2種類が選べるので、室内を選ぶ。
店内はアートカフェの名の通り絵画や写真が飾られて、オシャレな雰囲気。

bb1


まずは冷えたビンタンビールで乾杯。
bb2

マッシュルームスープと、白米に加えてバリの赤米。
bb3


エビや鶏肉の串焼き盛り合わせ、牛肉のココナッツミルク煮、ナシゴレン。
bb4
全ての料理が美味しくて大満足。
特にスパイス類の味が深くて美味。


インドネシア料理とバリ料理は違うそうで、
伝統的バリ料理にこだわっているのがこの店。

観光客向けにアレンジされたナシゴレンも美味しいけど、
せっかくだったら元祖の味も体験しておきたいじゃないですか。


厨房でシェフの皆さんが忙しく動き回っている光景もブンブ・バリと変わらず。
bb5
手前の白シャツの男性がオーナーのファビアン氏。
帰り際にはわざわざお見送りに出てきてくれた。

ちなみに現段階では、ヌサドゥア内のホテルは無料送迎付きでした。

ブンブ・バリ時代には予約を取るのにも苦労していたが、
アートカフェになったら、すんなり予約が取れた。
まだ知名度が低いから?それとも偶然?

そして、おひとりさまの姿もちらほら。

ヌサドゥアに宿泊した時にはリピート決定かな。