鹿児島市立病院(鹿児島市加治屋町、上津原甲一院長)が3月31日夜、約1時間半停電した。

 停電発生とほぼ同時刻に、地下1階の電気室から「ボン」という大きな音がし、猫が飛び出してきたのを職員が目撃。迷い込んだ猫が6600ボルトの高電圧がかかった電線に触れ、ショートしたのが原因とみている。

 病院によると、すぐに自家発電に切り替わったが、コンピューター断層撮影装置(CT)などの大きな電力が必要な医療機器が使用できなくなったため、救急搬送の受け入れを停止した。入院患者463人に影響はなかった。

大洋薬品に1年間の会員資格停止処分―日本ジェネリック製薬協会(医療介護CBニュース)
群馬県警で新発売“パトカーだるま”人気(産経新聞)
共有ソフトで洋画配信=62歳男逮捕、監視システムで初-京都府警(時事通信)
<消費生活相談員>配置に格差4.8倍…体制の強化進まず(毎日新聞)
<法勝寺>八角九重塔 時を超え広がるロマン /京都(毎日新聞)