システム開発会社「トランスデジタル」(東京都港区)をめぐる架空増資事件で、東京地検は30日までに、金融商品取引法違反(偽計取引)罪などで、元副社長鈴木康平(55)、元顧問峯岸一(46)両容疑者を追起訴した。
 ほかに再逮捕されていた同社社長後藤幸英(44)、健康食品販売会社代表黒木正博(44)両被告=いずれも民事再生法違反罪で起訴=ら4人については処分保留とした。
 起訴状によると、鈴木容疑者らは2008年7月、トランス社が投資事業組合に発行した新株予約権について、8億8000万円の払い込みがあったように装い、増資したとする虚偽の事実を公表したとされる。 

【関連ニュース】
衣料品のUFOが民事再生法=負債360億円
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾
インサイダーで実質経営者ら起訴=テークスグループ事件
味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁

無罪判決後のブログ掲載は名誉侵害 大阪地裁判決(産経新聞)
「初めて知った」鉢呂議員、訂正検討 虚偽記載認める(産経新聞)
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査(産経新聞)
多摩ニュータウン23棟、一括で建て替えへ(読売新聞)
郵政改革「最終案」で首相、閣僚懇で調整(読売新聞)