鳩山由紀夫首相は21日夜、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕された石川知裕衆院議員について、首相官邸で記者団に「起訴されないことを望みたい」と述べた。
 行政機関の長である首相が、個別具体的な事件で検察当局の判断の是非に言及するのは極めて異例。検察との対決姿勢を示した小沢氏に「闘ってください」とした先の発言と同様、検察当局に対する圧力とも受け取られかねず、批判を招きそうだ。
 首相はまた、石川議員が起訴された場合の民主党としての対応について「(事件の)事実関係がまだよく見えていない中で、最終的な判断を控えている。起訴内容やその他がどういう状況になるかをもって判断したい」と、現段階では除籍などの処分は考えていないことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

首相動静(1月15日)(時事通信)
発砲3人殺害、自殺の大阪市職員は妻に暴力「迷彩服の“変人”」(産経新聞)
「コンクリから人」不適切…土木学会など批判(読売新聞)
小沢氏はきちんと説明を=社民・福島氏(時事通信)
事件報道に「不公平感」=平野官房長官、民主調査チームに理解(時事通信)