衆院予算委員会は21日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席し、7兆2000億円の経済対策を盛り込んだ2009年度第2次補正予算案の実質審議に入り、与野党の本格的な論戦が始まった。午後に自民党の谷垣禎一総裁が質問に立ち、「党首対決」が実現。首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題や経済財政政策について首相を追及する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

海賊巧妙化 厳戒アデン湾 海自派遣部隊、活動公開(産経新聞)
<南相馬市長選>桜井勝延氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)
トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)
占い、マッサージ…献血PRへ多彩なサービス (産経新聞)
意見公募に272件 改訂常用漢字(産経新聞)