奈良県内などで相次いだ仏像盗難事件で、県警は27日、窃盗罪などで公判中の元住職で浄水器販売業、金振清隆被告(62)=奈良市=について、京都、奈良、滋賀、三重の4府県で仏像やこま犬など計157点(被害総額約1665万円)を盗んだことを裏付け、捜査を終結したと発表した。

 被害品のうち約140点は、被害品が海外に出回るなどして所在が確認できていないという。

 県警によると、金振被告は平成18年1月~21年7月、神職や住職らがいない4府県の59社寺から、仏像やこま犬、掛け軸など計157点を盗んだ疑いがあるという。このうち、奈良県内の3寺の盗難事件について起訴され公判中。金振被告は盗んだ仏像などを京都市内の古物店に計約500万円で売却したという。

【関連記事】
墓石20基倒される 名古屋の霊園
重文の観音像を盗んだ容疑で43歳会社員の男を逮捕 福岡
仏像に隠して覚せい剤7キロ密輸
仏像盗難は怪我の功名? 「元禄時代の作」裏付け
モラル崩壊ここまで バチ当たり!道祖神の盗難や破壊が多発

金貨にロシア将校と日本人の名=日露戦争の捕虜収容病院跡から-松山(時事通信)
安保改定50年で鳩山首相談話「同盟深化、年内に成果」(要旨)(産経新聞)
消費税率10%超に=自民・谷垣氏(時事通信)
財政再建目標、議論スタート=国家戦略室の検討会(時事通信)
公設秘書兼職、民主は78人 首相「議論を」(産経新聞)