国民新党代表の亀井金融相は7日、広島県尾道市で講演し、永住外国人に地方選挙権を付与する法案と選択的夫婦別姓制度の導入を柱とする民法改正案について、「国民新党は2つとも反対だ。2つとも(今国会では)絶対に成立しない。私が『ノー』と言ったら、法案として国会に提出できないからだ」と強調した。

 亀井氏は、選択的夫婦別姓制度について、「夫婦が名前を別にして、子供も違えば、(同じ)家の表札がアパートみたいに違う。これがあるべき姿なのか」と批判した。

 亀井氏は講演後、野党が民主党の小沢幹事長に国会の政治倫理審査会での説明を要求していることについて、「国会が探偵ごっこみたいな司法のまねをすることがいいことなのか」と記者団に語り、必要はないとの認識を示した。

参院比例選投票先、民・自が接近…読売世論調査(読売新聞)
名古屋3人死亡ひき逃げ、運転の男を逮捕(読売新聞)
国が止めても県が入札開始…八ッ場ダム関連工事(読売新聞)
立春 各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相(レスポンス)