国民新党の下地幹郎政調会長は15日夜、「BS11デジタル」の番組「インサイドアウト」に出演。米軍普天間飛行場移設問題で「県外(移設)という(政権の)マニフェストを、5月末までに決める結論から降ろしてもらわなければ、この問題は解決できない」と述べた。5月末の決着期限を優先するなら県内移設が軸とならざるを得ないとの認識を示した。県内移設と訓練の県外への一部移転を組み合わせた国民新党案に政府・民主党が同調するよう求めた形だ。【朝日弘行】

【関連ニュース】
普天間移設:沖縄県連も提案へ 民主議員が意向
米民主党上院議員:普天間移設の解決策「たくさんある」
普天間移設:福島党首「陸上案」に反対
普天間移設:結論5月まで 外相がウェッブ氏に説明
北沢防衛相:沖縄駐留の重要性を強調…衆院予算委

寝たきり男性を恐喝 容疑の介護士再逮捕(産経新聞)
<小沢幹事長>政倫審への出席に否定的(毎日新聞)
「都道府県単位」も市町村の役割重視を-高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
<火災>名古屋市緑区でアパートの部屋燃える 男性が死亡(毎日新聞)
VISA、JCBでもネット献金=放送会社が新サービス(時事通信)