国の天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で2008年から放鳥された計30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、1歳の雌と3歳の雄が枝をくちばしで渡す「枝渡し」をする姿が19日までに、確認された。枝渡しはトキの求愛行動で、繁殖への期待が高まっている。環境省によると、特定の雌と雄が継続的に枝渡しする姿が確認されたのは、放鳥後初という。
 同省によると、1歳の雌は2月上旬に本州から同島に戻り、この雄と7日から島内で一緒に行動している。2羽が枝渡しする姿が数回確認されているが、雌は別の3歳の雄と枝渡しすることもあり、どの組み合わせで繁殖に至るか流動的な状況という。 

【関連ニュース】
希少種アホウドリのヒナ死亡=土砂流入で
本州に飛来のトキ、再び佐渡へ=昨年3月に続き2例目
トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目
移送トキ、繁殖ケージに=40年ぶり「里帰り」
分散飼育で石川県へ移送=トキの雄雌4羽

<前原国交相>公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立(毎日新聞)
鳩山首相 政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
<雑記帳>盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
支給要件を緩和へ=失業者向け住宅手当-厚労省(時事通信)
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少(医療介護CBニュース)