自民党大会を翌日に控えた23日、東京・永田町の党本部1階ロビーには党員向けの屋台や出店が並び、大島理森幹事長がお好み焼き作りに腕を振るった。

 「料理は卵焼き程度」という大島氏だが、生地を返す手つきはなかなかのもの。周囲からは「与野党もひっくり返して」と声が飛んだ。1枚100円で販売し、収益はハイチ大地震などの義援金にあてる。

 同じころ、近くのホテルでは小沢一郎民主党幹事長の事情聴取が行われていた。「政治とカネ」問題といえば自民党政権の悪癖だっただけに、今回は汚名を返上するチャンス。大島氏は「庶民派」のアピールに懸命だった。【木下訓明】

小山登美夫ギャラリー「名知聡子展」 東京・清澄(産経新聞)
彬子さま、オックスフォード大で哲学博士(産経新聞)
囲碁の謝が女流3冠独占(時事通信)
警察署HPに補導少年49人の実名を誤掲載(読売新聞)
都予算原案 石原知事会見「知恵を絞り汗かいた」(産経新聞)