日本認知症ケア学会はこのほど、今年度の「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」の功労賞と奨励賞の公募を開始した。

 「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」は、質の高い認知症ケアに取り組んでいる個人・団体などを顕彰するための賞。認知症の人の能力を最大限に発揮できるよう援助すると同時に、生活の質の向上に努力・貢献してきた個人や団体などを対象とした功労賞と、今後、認知症ケアの現場へのさらなる寄与が期待できる個人や団体などを顕彰する奨励賞の2部門がある。

 受賞者は、10月24日の第11回日本認知症ケア学会大会で発表される。応募方法は、同学会が指定する用紙に受賞候補者の氏名、連絡先などを明記した上で、推薦理由(1200字以内)と共に郵送する。自薦は認められない。問い合わせ先は日本認知症ケア学会事務センター「認知症ケア賞」係03(5206)7431。締め切りは7月5日(必着)。


【関連記事】
介護従事者の「バーンアウト」を防ぐには―認知症ケア学会シンポ
課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書
「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会
24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長
若年性認知症のコールセンターを開設

[静かすぎる対策]体験会に120人以上が集まる(レスポンス)
パロマ事故判決 「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 両親会見(産経新聞)
通報の男逮捕=勤務先社長の刺殺容疑-千葉県警(時事通信)
近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)
九年庵 新緑の庭園、初の一般公開 佐賀・神埼(毎日新聞)