留置施設で容疑者らが自費購入した菓子を食べたとして、静岡県警は12日、磐田署留置管理課の20代男性巡査を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。巡査は「軽い気持ちでやってしまった」と事実を認め、同日付で依願退職した。
 県警監察課によると、巡査は昨年8月ごろから12月ごろまでの間、同署の留置施設内で、容疑者ら拘置中の3人が自費購入したあめ1個とチョコレート4個(計30円相当)を食べた。巡査は、容疑者らから預けられた菓子を保管用のロッカーに戻す際などに、5回にわたり1個ずつ取って食べたという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕チョコレート・ガールズ
日本の男女ペアが初優勝=洋菓子国際コンクール
バレンタイン商戦追い込みへ=需要拡大へあの手この手
バレンタインは「友チョコの日」=「告白」より女同士で
住所は「地球周回軌道上」=野口さん、個室に表札

民主・藤田国際局長米紙に反論 「同時テロ陰謀論言っていない」(J-CASTニュース)
社会福祉士合格率27.5%、PSWは63.3%(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>番所でござる 若桜駅横に宿場町再現 (毎日新聞)
NEC の WiMAX システムを利用し、台湾の大同電信が WiMAX 商用サービスを開始
自衛隊移転も検討=普天間、ホワイトビーチ沖案で-官房長官(時事通信)