奈良県明日香村の飛鳥寺西方遺跡で、7世紀の石敷き跡が見つかり、村教委が17日、発表した。石敷きは大化改新(645年)前に中大兄皇子(天智天皇)と藤原鎌足が初めて出会ったとされる「槻(つき)の樹(き)の広場」の一部だった可能性があるという。

 村教委は、国内最古の本格的寺院、飛鳥寺の南西約120メートルの地点を調査。10~20センチ大の河原石が東西5・2メートル、南北2・4メートルにわたって敷き詰められ、周辺に一回り小さい砂利が敷かれていた。

 今回の調査地の北側で奈良文化財研究所などが過去に実施した調査と合わせ、石敷きは東西30メートル以上、南北70メートル以上に広がる可能性があるという。

 また、石敷きの約1メートル下から、瓦製の土管暗渠(あんきょ)(直径約20センチ)が出土。すでに見つかっている北側の暗渠とつながり、延長は160メートル以上になるとみられる。村教委は「人工的な整備が、飛鳥寺西門付近から南側に広がっていた」としている。

 日本書紀によると、藤原鎌足は644年、法興寺(飛鳥寺)の西の槻の樹の下で蹴鞠(けまり)が行われた際、中大兄皇子と親しく話す機会を持ち、その後、大化改新の策を練ったとされる。

 現地説明会は20日午前10時~午後3時。 

【関連記事】
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
大和三山 中大兄皇子の歌と「美しき誤解」
7世紀前半ごろの「石敷き広場」出土 飛鳥寺の南、当時の道路か 
奈良・明日香村の石神遺跡で「幻の寺」 日本書紀などに記載なし
奈良時代の役所跡10棟発見 河合遺跡
20年後、日本はありますか?

<喜多方ラーメン>商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)
トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
「トルコ建国の父」の銅像移転=野ざらし批判、修復され和歌山に(時事通信)
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長(医療介護CBニュース)
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明-大阪大(時事通信)