岡田外相は27日、三重県四日市市内での講演で、夏の参院選に向けた政権公約(マニフェスト)の見直しについて、「不況の影響で税収が減った。財源なくして新しい政策なし」とした上で、「現実の収入を見た時に、順番をつけて重要なことからやり、場合によってはあきらめることをはっきりした方がいい」と述べた。

 政策に優先順位を付け、財源確保が難しい政策については大幅に修正すべきだとの考えを示したものだ。

 また岡田氏は「首相や外相が毎年変わるようでは本当の仕事はできない」と述べ、普天間移設問題などで外交政策が困難を極める中で、野党から退陣要求が出ていることをけん制した。

介護中の妻の首絞め殺害、容疑の72歳夫逮捕(読売新聞)
「元の木阿弥」の政権交代 「利益誘導」型へ逆戻り(産経新聞)
築地市場移転費を削除 民主、予算修正案まとめる(産経新聞)
<訃報>畑中更予さん89歳=ソプラノ歌手(毎日新聞)
<雑記帳>元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)