政府は5日夕の閣議で、外務省が外交機密費(報償費)の一部を首相官邸に「上納」していたことを認める答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。政府はこれまで、「上納」を否定してきた。
 岡田克也外相はこの後の記者会見で、「上納」の違法性を否定したが、「望ましくはない」との認識を表明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

小沢幹事長が続投の意向表明、首相も容認(読売新聞)
コンビニ強盗目撃者、逃走経路を携帯で「実況」(読売新聞)
無許可業者のごみ収集容認=うその証明書も発行-大阪・松原市(時事通信)
元運輸部長、不起訴は不当=福知山線脱線で検察審査会-神戸(時事通信)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(2)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)