経済産業省は24日、太陽光や風力など再生可能エネルギーで生み出された電力を電力会社がすべて買い取る新しい制度について、1世帯当たりの電気料金への上乗せ額が最大で月579円以上になるという試算を公表した。制度開始後15年目の標準家庭(月300キロワット時使用)を想定して計算した。

 試算は研究段階のものを含めたあらゆる再生可能エネルギーを対象に、家庭の太陽光発電を1キロワット時当たり42円、風力や地熱など他の発電を同20円で20年間買い取る場合。

 政府は昨年11月から家庭用の太陽光発電の余剰電力買い取り制度を実施しており、2011年度から世帯当たりの電気料金に月数十~100円が加算される見通し。この現行制度に対し、今回の試算ケースは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量の削減効果を2倍近い4469万トン以上に高めることができるとした。

【関連記事】
環境省、温暖化対策の行程表づくり本格化
温室効果ガス25%削減 大筋で工程表まとめる
温暖化対策基本法案を閣議決定 産業界から不満の声
太陽光で発電、海外市場開拓へコスト削減必要
最大1兆4千億円と試算 電力買い取りで経産省
医療最前線 ドラッグ・ラグの行方

<普天間>政府方針 岡田外相がゲーツ米国防長官に伝達へ(毎日新聞)
横田基地 初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)
EXILE所属プロが2億所得隠し、国税指摘(読売新聞)
「関西一の女相場師」に懲役2年8月の実刑判決 大阪地裁(産経新聞)
建設会社のガラス戸に弾痕…福岡・嘉麻(読売新聞)